autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マクラーレンMP4-12 スパイダー試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2013/5/6 00:00

マクラーレンMP4-12 スパイダー試乗レポート/石川真禧照(1/2)

Text: 石川 真禧照 Photo: 茂呂幸正
マクラーレンMP4-12 スパイダー試乗レポート/石川真禧照

クーペに続き登場したオープンカーのマクラーレン MP4-12C スパイダー

フォーミュラ1レース界の名門、マクラーレンはF1マシンなどのレーシングカーのほかに、公道を走るスポーツカーも作っている。そのクルマは手創りの少量生産。2012年に登場したクーペに続き、オープンカーのスパイダーが日本でも発売された。

クーペが2790万円だったが、スパイダーは3000万円(税込)という価格。庶民には宝くじでも当たらない限り、購入は夢の世界。そのMP4-12Cスパイダーに試乗した。

さっそく乗り込もう。ドアを開けるのは、ドア上部の張り出した部分の下に手を入れると、小さなボタンがある。

それをプッシュすると、ロックが解除され、ドアが浮き上がる。クーペのときはボタンがなく、手を差し込むとセンサーが反応してロックが解除されたのだが、人によってセンサーが反応しないことがあったことから、ボタン式になったのだ。

ドアを跳ね上げる。複合素材で作られているドアは実に軽い。幅30cmほどのドアシルを乗り越えてシートに座る。

その着座の低さはわかりやすく言うと、プリウスのテールランプがちょうどドライバーの目の高さという感じだ。

キーを座面先端のポケットにしまい、エンジン始動。スタートボタンを押すと3.7リッターV6ツインターボは運転席のすぐ後ろで即座に目覚めた。同時に爆音に近いエキゾーストサウンドが周囲に轟く。

センターコンソールの「D」ボタンを押し、走り出す。走行モードはAT/MTのほかに、「ウインター」「ロウンチ」がある。ATモードを選択し、いきなり加速性能のチェック。これが失敗だった。まだ体が「MP4-12C」に馴染んでいないウチに、強烈な加速Gが襲ってきた。

0~100km/h加速は手元の時計で4秒ジャスト。カタログの3.3秒には及ばなかったが、その加速は頭の血がすーっと後ろに持って行かれるよう。一瞬気を失うかと思ったほどだ。

特に、6000回転から8200回転の領域ではツインターボが思いっきりチャージしている加速だ。

しかも、この時は「パワートレイン」の選択は、「ノーマル」。「スポーツ」や「トラック(レースコースのこと)」モードにすればもっと強烈(狂暴?)になるのは間違いないだろう。

でも、フツーにアクセルを踏んでいるときはとてもジェントル。7速には80km/hでシフトされる。そのままアクセルを踏めば、100km/hは2400回転での巡航になる。1500回転からの加速も十分。

このような走りなら、女性がハンドルを握っても大丈夫だし、ロングツーリングでも快適に乗ることができるだろう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!