autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ルノー ウインド 試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2011/8/10 19:27

ルノー ウインド 試乗レポート/岡本幸一郎(1/3)

関連: ルノー ウインド Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
ルノー ウインド 試乗レポート/岡本幸一郎

12秒で開閉可能な電動回転格納式ハードトップが特徴

ルノー ウインド

まったくルノーというのは不思議なメーカーだと思う。

基本的にはコンパクトハッチバックを中心とした実用車が主体のメーカーかと思えば、ときおりスピダーやクリオV6やアバンタイムのようにぶっ飛んだクルマを出してくる。

今も、カングーのようなクルマがある一方で、RSのラインアップにも積極的だ。

モータースポーツでの活躍も目覚しく、ル・マン24時間レースやF1といったトップカテゴリーでも輝かしい歴史の数々を残してきたことも特筆できよう。ルノーとは、そんな意外性と多面性のあるメーカーなのだ。

そのルノーから、またしても興味深いニューモデルが登場した。「ウインド」と名づけられた2シーター・クーペ・ロードスターだ。スリーサイズは、全長3830mm、全幅1680mm、全高1380mmとコンパクト。

ルノー ウインド

ウインドの、このスポーティで愛嬌のあるルックスを目の前にすれば、誰もが早く乗りたいという衝動に駆られることだろう。

市街地を走っていると、ルーフを開けていたわけでもないのに、隣の車線を走る幼稚園の送迎バスに乗った何人かの女の子がウインドの側に集まってきて手を振ってくれた。

やはり、目に留まったのだろう。子どもの反応は実に正直だ。もちろん筆者も手を振り返した。

ウインドの最大の特徴は、わずか12秒で開閉が可能な電動回転格納式ハードトップだろう。

ルノー ウインド
ルノー ウインドルノー ウインド

フルオートではなく、ルームミラー手前のロックを手動で解除する必要はあるが、あとはシフトノブ前のスイッチを引き上げて、完了の合図のブザーが鳴るのを待てばOKだ。

開閉完了までの待ち時間の目安も、メーター内にドットで表示してくれる。ルーフの開き方も非常にユニークで、Bピラーにあるエンブレム部分の内部に軸が通されていて、そこを中心にハードトップがグルリと回転してトランクリッドに収まるという仕組み。

この機構のおかげで、トランクスペースがルーフの開閉にかかわらず270リットルが確保されるというのも歓迎だ。また、フロントシート後方にも、そこそこ広い小物を置けるスペースが設定されている。

トランクフードの開閉がちょっと重いのは気になるものの、この実用性の高さもウインドの魅力だ。

ルノー ウインドルノー ウインドルノー ウインドルノー ウインドルノー ウインド
ルノー ウインドルノー ウインドルノー ウインドルノー ウインドルノー ウインド

ルノー ウインド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー ウインド の関連記事

ルノー ウインドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー ウインド の関連記事をもっと見る

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19