autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 新しいルノーのデザインを纏い、日本でも魅力満載な 新型トゥインゴ を徹底解説! 4ページ目

新型車解説 2016/8/12 11:14

新しいルノーのデザインを纏い、日本でも魅力満載な 新型トゥインゴ を徹底解説!(4/4)

新しいルノーのデザインを纏い、日本でも魅力満載な 新型トゥインゴ を徹底解説!

強気の値付けで大幅台数アップを狙う

ルノー 新型トゥインゴルノー 新型トゥインゴ

トゥインゴの価格は200万円を、それも大幅に切る189万円に設定された。“わずか”ではなく“大幅”に切ったのが今回の値付けのポイントだ。

しかもインテンスとはルノーでは上級グレードを指すモデルなので、15インチアロイホイールやオートエアコン、レザーステアリング、クルーズコントロール、フォグランプなどが装備される。

更に価格的にインパクトが欲しかったことから、169万円の5S(サンクエス)を50台限定ではあるが導入した。このモデルは1リッターNAと5MTが組み合わされ、いわばルノーのエントリーモデルとして位置づけられた。関係者によると、発売1時間で完売したとのこと。ルノー・ジャポンとしてのMTモデルはスポーツモデルとともに、エントリーモデルとしても位置付けられていることから、今後も積極的に導入した意向だ。

これにより、ルノー・ジャポンとしては、年間販売台数を1000台アップの6000台を狙う意気込みだ。

あのライバルとは競合関係にない!?

ルノー 新型トゥインゴ

やはり気になるスマートをどう見るかだ。

ルノー・ジャポン代表取締役社長の大極司氏は、ライバルではないと明言する。その理由はユーザーが違うからだ。

つまり、スマートはメルセデスの販売店での取り扱いのため、メルセデスのユーザーが対象であるのに対し、トゥインゴはもっと幅広く、「自分の個性を生かしたクルマの使い方を好む方だ」と述べ、同社のカングーユーザーに近いのではと想定している。

従って、「あえて競合とするならば、フィアット500が近いかも。ただし、トゥインゴは5ドアでツインクラッチという強みがある」とした。

得たものと失ったもの

ルノー 新型トゥインゴルノー 新型トゥインゴ

スマートとの協業で大幅に得たものはその品質感だ。

先代までの特に室内の品質は平均よりかなり劣っており、チリの甘さやパーツの取り付け剛性の低さなど、数え上げればきりがないほどだった。しかし、3代目ではそのあたりは見違えるようで、そこに魅力的なデザインが施されているので、大きなセールスポイントにつながっている。

更にこれまでのトゥインゴは3ドアのみだったが、3代目は5ドアになり使い勝手は大幅に向上。もちろんRRのため取り回しもしやすくなった。

一方失ったものもある。その多くはRRになったことによるもので、まずエンジンが搭載されたことで、荷室の上下方向の空間が減ってしまったことだ。また、リアシートのスライドも出来なくなった。実はこの2点、特に後者は歴代トゥインゴの大きな魅力につながっていただけに、少々残念に思う。

そうはいっても新型トゥインゴは戦略的な値付けとともに、新しいルノーのデザインをまとった魅力的な小型車として日本に導入された。ぜひカラフルなカラーで元気いっぱい日本の街を走り回り、数少ない輸入車Aセグメントに新風を巻き起こしてほしい。

[レポート:内田俊一/Photo:RENAULT]

ルノー トゥインゴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー トゥインゴ の関連記事

ルノー トゥインゴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー トゥインゴ の関連記事をもっと見る

ルノー トゥインゴ の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27