autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 新しいルノーのデザインを纏い、日本でも魅力満載な 新型トゥインゴ を徹底解説! 2ページ目

新型車解説 2016/8/12 11:14

新しいルノーのデザインを纏い、日本でも魅力満載な 新型トゥインゴ を徹底解説!(2/4)

新しいルノーのデザインを纏い、日本でも魅力満載な 新型トゥインゴ を徹底解説!

デザインコンセプトはPlay

ルノー 新型トゥインゴルノー 新型トゥインゴ

では、まずそのデザインを見てみよう。近年のルノーデザイン戦略は人生を6つのステージで表現し、それぞれに合ったコンセプトカーや市販車をデビューさせている。具体的には、

・Love(若い二人が出会って恋に落ちる)

・Explore(恋に落ちた二人は旅に出かけてお互いの理解を深める)

・Family(やがて二人は結婚して家族を持つ)

・Work(働きながら幸せを感じる)

・Play(余暇を楽しみ人生を謳歌する)

・Wisdom(やがて時の中から賢明さを得る)

となり、例えばルーテシアはLove、今回のトゥインゴはPlayにあたるモデルとして位置づけられている。

ルノー 新型トゥインゴルノー 新型トゥインゴルノー 新型トゥインゴルノー 新型トゥインゴルノー 新型トゥインゴ

過去と未来を両立

ルノー 新型トゥインゴ
ルノー 新型トゥインゴルノー 新型トゥインゴ

ルノー本社デザイン担当常務(SVP)のローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏は、新型トゥインゴをデザインするにあたり、「これまでのトゥインゴの強みは生かしつつ、再びアイコン的なクルマを作ること。また、現在のルノーのイメージに即したデザインを取り入れることだった」と振り返る。その結果、「新しいトゥインゴは、遊び心がありながらダイナミックなスタイリングと、短い鼻を持った笑顔のあるデザインになった」と説明。

ここから伝わってくるのは、どちらかというと初代トゥインゴのイメージだ。 その点についてはヴァン・デン・アッカー氏も認めるところで、2代目は「皆に好かれるタイプでとても売れたが、初代が持つエスプリやスピリットがなくなっていた」と述べ、「新型は初代の気持ちに立ち返ったのだ」とコメントしている。

もうひとつ、新型トゥインゴでは、過去と未来をバランスさせているとヴァン・デン・アッカー氏はいう。

過去では、リアのフェンダーの膨らみは初代のルノー5ターボのイメージ。また、フロント周りは初代トゥインゴをモチーフにしている。 そして未来はRRだ。フロントにエンジンがないことから、タイヤの切れ角を最大限にとることが出来、4.3mという(先代4.9m)クラス最小級の回転半径を誇る。また、タイヤをより四隅に配置することが出来たので、室内のスペースを広くとることも可能になったのだ。

ルノー トゥインゴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー トゥインゴ の関連記事

ルノー トゥインゴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー トゥインゴ の関連記事をもっと見る

ルノー トゥインゴ の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27