autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム もう最終戦!?EVのF1で“ル・マンの悲劇”トリオの1人がワールドチャンピオンに 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/7/7 15:00

もう最終戦!?EVのF1で“ル・マンの悲劇”トリオの1人がワールドチャンピオンに(2/2)

関連: ルノー Text: 山口 正己 Photo: ルノー
もう最終戦!?EVのF1で“ル・マンの悲劇”トリオの1人がワールドチャンピオンに

逆転するにはレースは棄ててタイムアタック!?

電気自動車のF1、フォーミュラEの2代目王者にブエミ選手

一端は、チャンピオンが消えたと意気消沈したブエミ陣営だったが、もう1台のマシンでファステストラップを記録すれば、逆転できることに気がついた。

ピットに戻ったブエミは、タイミングを待ってコースに出た。レースは棄てているが、コースの空き具合を見極めて、タイムアタックをするためだ。全く同じことをディ・グラッシも実行する。プロストがリードするレースと同時に、ブエミとディ・グラッシの予選アタックが始まったと思えばいい。

マシンポテンシャルはブエミのRenaulte.Dams方が上。まずはブエミがファステストラップを記録する。ディ・グラッシはタイムが伸び悩むが、レースが進むと路面にタイヤラバーが付着してグリップが上がる。後半になるほど、タイムが上がる状況だから、ブエミ陣営も安心していられない。

何度か二人はアタックを展開するが、何せレース中だから、遅いマシンにひっかかったり、アクシデントで追い越し禁止/スピードダウンのイエローフラッグが出されたりと、思うようにアタックできないまま終盤にもつれ込んだ。

終盤、ブエミが渾身のアタックを決め1分24秒台を叩き出した。マシン能力からこれで決まりと思えた。

しかし、ディ・グラッシが火事場の馬鹿力を発揮した。集中力が高まると人は信じられないパワーを出すものだ。

セクター1とセクター2で、無理と思われていた外野の予想に反して、ブエミのタイムを更新。この勢いでファステストラップを出すのか!?レース展開とは関係ないディ・グラッシの走りが注目された。

僅差とはいえワールドチャンピオンになれるのは一人だけ

電気自動車のF1、フォーミュラEの2代目王者にブエミ選手電気自動車のF1、フォーミュラEの2代目王者にブエミ選手

結果は、5/100秒届かなかった!!

かくして、セバスチャン・ブエミが晴れて2代目フォーミュラEのワールドチャンピオンに輝いて、表彰台でプロスト代表に抱きついて泣いた。

ちなみに、先週末はやたらとぶつかる週末だった。同じ日にオーストリアで行なわれたF1GPでは、最強軍団のメルセデスの2台が最終ラップにぶつかる事件が起きていた。

ワールドチャンピオンになれるのは一人だけ。フォーミュラEのような歴史的な展開になるのなら、時にはぶつかるのも悪くない?

いやいや、ぶつかり合うのはやはり“マシン”ではなく“ワザ”にしてほしいと、優等生としての結論を出しておくことにしよう。

[Text:山口正己]

筆者: 山口 正己
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー の関連記事

ルノーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー の関連記事をもっと見る

ルノー の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24