autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.) 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/8/9 18:30

ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.) 試乗レポート/岡本幸一郎(2/2)

ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.) 試乗レポート/岡本幸一郎

右ハンドル化でどう変わった!?

ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] F4R型 2.0リッター直列4気筒 DOHC 16V ターボエンジンルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] 前席・インパネ

新世代となったルノー メガーヌ ルノー・スポール、ドライブした印象は、従来に比べて少なからず変わっていた。

まずエンジンは、これまでも十分に速かったところ、さらに輪をかけて速くなった。パワー感がまったく違うのだ。

メガーヌ ルノー・スポールは、3モードESPといってESP(横滑り防止装置)の設定が3段階で選べる「R.S.ダイナミックマネジメント」が装備される。またこれに連動してエンジンマネジメントシステムも2段階で切り替わる。

ノーマルモードの最高出力は250ps。これをスポーツモード、もしくはサーキット走行用のオフモードとすると265psになる。これが、わずか15psの違いとは思えないほどパワフルなのだ。しかもピーキーではなく、低回転からピックアップしてくれるので、タイトコーナーの立ち上がりでも、早い段階から加速体勢に入れる。

6000rpmからレッドゾーンで、6500rpm近くまで回るのだが、あっというまに吹け切ってしまうので、レブリミットがもっと高ければいいのにと思うほどだ。

6速MTのシフトフィールも適度にショートで節度感もあり、操るのがとても楽しい。

いまやスポーティモデルですら少数派となりつつある3ペダル&Hパターンだが、やはり完成度の高いMTを操作するのは楽しいものだ。また右ハンドル化によるポジションの違和感も気になるところだが、こちらもまったくの許容範囲だ。

FFとは思えぬほどのニュートラルなハンドリングに感激!

ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[ボディカラー:ジョン・シリウスM] サーキット走行7ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] サーキット走行2

シャシーに関する変更は、正式には伝えられていないが、これまた乗ると印象がずいぶん変わっていたので、おそらく大なり小なり手が加えられているのだろう。なお本国では2種類のシャシーから選べるメガーヌ ルノースポールだが、日本仕様ではよりハードなサーキット指向の「シャシーカップ」が選択されている。

おさらいすると、従来よりメガーヌ ルノー・スポールには、トルクステアを低減するとともに、タイヤをベストな状態で接地させるためのアイデアとして、ルノー・スポールが独自に開発したフロントダブルアクスルストラットサスペンションが採用されている。

これにより、急加速や大きくステアリングを切った際などでも、サスペンションの上下動に影響されることなく、常にタイヤの中心に荷重がかかり、正確なステアリング操作が可能となっている。

そして新型メガーヌ ルノー・スポールでは、もともと小さかったトルクステアがさらに減るとともに、わずかな違いではあるがステアリングフィールもしっかり感が増したようだ。

FFとは思えないほどニュートラルなハンドリングは健在で、これも従来型よりも微妙に安定志向へ振られたような印象を得た。

ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[ボディカラー:ジョン・シリウスM] サーキット走行2ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] サーキット走行3ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[ボディカラー:ジョン・シリウスM] サーキット走行9ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] サーキット走行1ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[ボディカラー:ジョン・シリウスM]を試乗したライターの岡本幸一郎氏

さらに1段上の領域に成長

ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車]と、レポーターの岡本幸一郎氏ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[ボディカラー:ジョン・シリウスM] サーキット走行6

今回はクローズドコースのみの試乗で、一般道では乗っていないが、乗り心地も良くなっている。サーキット指向のシャシーカップとは言えど、ただ単に硬められているだけではないのだ。

それは19インチ仕様でも同じ。19インチ仕様の乗り味はソリッドな感覚が増し、よりダイナミックな印象となるが、乗り心地面では、従来は若干見受けられた突っ張り感が薄れ、少しカドが取れたように感じられた。

全体的に、これまでも素晴らしかったところが、さらにソフィスケートされて1段上の域に達したクルマに成長したといえる。それでいて価格は385万円と据え置きなのだから嬉しい。

リフレッシュされた新型 ルノー メガーヌ ルノー・スポール。左ハンドルの前期型オーナー氏には恐縮だが、右ハンドルを待っていた人は幸運だった、ということになりそう・・・!

新型「ルノー メガーヌ ルノースポール(R.S.)」主要諸元

ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] 外観・俯瞰ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] フロント足回り・ブレーキ

全長x全幅x全高:4320x1850x1435mm/ホイールベース:2640mm/定員:5名/車両重量:1430kg/エンジンタイプ:直列4気筒 DOHC 16V ターボ/総排気量:1998cc/最高出力:265ps(195kW)/5500rpm/最大トルク:36.7kg-m(360N・m)/3000rpm/駆動方式:FF(前輪駆動)/トランスミッション:6速MT/タイヤ:235/40ZR18/ホイールサイズ:8.25Jx18/メーカー希望小売価格:385.0万円[消費税込み]

※写真はパック リュクス装着車(注文生産車:R.S. RED PACK[F1タイプブラック&レッド エアーインテークブレード/ブラック&レッドサイドデカール/レッドライン入りブラックリアディフューザー]+レザーレカロシート/固定サンルーフ/19インチレッドパイピングブリリアントブラックホイール「STEEV」をセット/ベース車+64.0万円高[消費税込み])

ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] リアビュールノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] サーキット走行4ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車](※左の黄色は従来型モデル)ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] リア・俯瞰ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.)[19インチ・パック リュクス装着車] リアコンビランプ

ルノー メガーヌ 関連ページ

ルノー メガーヌエステート 関連ページ

ルノー トゥインゴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー メガーヌ の関連記事

ルノー メガーヌの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー メガーヌ の関連記事をもっと見る

ルノー メガーヌ の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23