autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ルノー ルーテシア GT 試乗レポート/森口将之

試乗レポート 2014/7/24 13:49

ルノー ルーテシア GT 試乗レポート/森口将之(1/2)

関連: ルノー ルーテシア Text: 森口 将之 Photo: 茂呂幸正
ルノー ルーテシア GT 試乗レポート/森口将之

ルノースポール(R.S.)とGT、その位置付けの違いとは

ルノー 新型 ルーテシア GT[ボディカラー:ブルー マルトM]ルノー 新型 ルーテシア GT[ボディカラー:ブルー マルトM]

古今東西さまざまなクルマが使うGT=グランドツーリングの称号。でもルノーの場合は、他のブランドとはちょっと内容が異なる。

「ルノー メガーヌ」のラインナップを見れば分かるように、最高性能版として君臨しているのは「R.S.」(ルノー・スポール)で、「GT」は2番目。そしてもうひとつ下の「GTライン」を含めて、ルノー・スポール・テクノロジーズ(RST)という組織が開発を担当している。

RSTは市販スポーツモデルを生み出すだけでなく、フォーミュラ・ルノーなどレースやラリーの専用車両も作っており、ルーテシアを含めたワンメイクレースの運営、これらのレースを主役に据えた「ワールド・シリーズbyルノー(WSR)」というイベントの企画と開催も引き受ける。ルノーのスポーツ部門を一手に引き受ける集団なのだ。

ルノーのR.S./GT/GTラインという3車種は、こうした経験をベースに生まれている。他のホットハッチと内容が違うと書いたのはそのためだ。

絶妙な立ち位置に落ち着いた「ルーテシア GT」

ルノー 新型 ルーテシア GT[ボディカラー:ブルー マルトM]ルノー 新型 ルーテシア GT[ボディカラー:ブルー マルトM]

今回上陸した「ルーテシア GT」も、位置付けはメガーヌGT220と似ている。

パワートレインはスタンダードのルーテシアと同じで、1.2リッター 直列4気筒 直噴ターボに6速デュアルクラッチ・トランスミッションを組み合わせた右ハンドルとなるが、シャシーのセッティングはスタンダードとR.S.の中間に収まるような内容だ。

ルーテシア R.S.でおなじみのF-1ウイング風ブレードは装備されないが、R.S.に似た横一線のLEDランプは備えるという顔つきも、GTの位置づけを証明する。ボディ同色のサイドシルのモール、リアスポイラーはR.S.と共通。ただしアルミホイールは専用デザインで、径はスタンダード系最上級のインテンスおよびR.S.のシャシースポールと同じ17インチとなる。

R.S.とは異なるシックな室内空間

ルノー 新型 ルーテシア GT インテリア

インテリアはステアリングとフロントシートがR.S.と同じ形状になり、アルミペダルとパドルシフトが与えられた。スタンダードのECOモードに代わってR.S.ドライブのスイッチが追加されたこともポイント。さらにR.S.ではオレンジだったシートベルトやエアコンルーバー周囲はグレーに塗り替えられた。

装備はR.S.に準じているのに、色彩はかなりシック。こちらはスタンダードとR.S.の中間というより、R.S.に近い感触を落ち着いた雰囲気の中で楽しめるという、独自の方向性を示した空間だった。

[次ページへ続く]

ルノー 新型 ルーテシア GT インテリアルノー 新型 ルーテシア GT インテリアルノー 新型 ルーテシア GT インテリアルノー 新型 ルーテシア GT インテリアルノー 新型 ルーテシア GT インテリア
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー ルーテシア の関連記事

ルノー ルーテシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー ルーテシア の関連記事をもっと見る

ルノー ルーテシア の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2018/1/18~2018/2/18