autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 ルノー ルーテシア&コレオス特別仕様 新型車速報 ~フランス車の濃いぃ~ところを満喫出来る3台~

新型車リリース速報 2012/9/20 19:03

ルノー ルーテシア&コレオス特別仕様 新型車速報 ~フランス車の濃いぃ~ところを満喫出来る3台~

ルノー ルーテシア&コレオス特別仕様 新型車速報 ~フランス車の濃いぃ~ところを満喫出来る3台~

9月20日、フランス・2大コンパクトカーが直接対決!

ルノー ルーテシア イニシアル・パリ[30台限定]とルノー ジャポン 大極 司 代表取締役社長

フランス・プジョーが、新型コンパクトハッチ「208」を日本デビューさせた9月20日、同じくフランス勢のルノーからも、「ルノー ルーテシア」に2つの限定車が発表された。

208の直接のライバルとなるルーテシア。その限定車2車種、『ルノー ルーテシア イニシアル・パリ』と『ルノー ルーテシア エクスプレッション MT』、さらにクロスオーバーSUV「コレオス」の限定車『ルノー コレオス BOSEエディション』のお披露目が都内で行われた。その模様を速報でお届けする!

パリ16区のマダムたちに愛される小さな高級車「ルノー ルーテシア イニシアル・パリ」

ルノー 限定車 記者発表[2012.09.20]
ルノー ルーテシア イニシアル・パリ[30台限定] ベージュインテリア・ベージュレザーシートルノー ルーテシア イニシアル・パリ[30台限定] ボディカラーはベージュ・サンドレM

ルノー・ジャポン マーケティング部 商品計画グループのフレデリック・ブレン マネージャーは『「LUTECIA(ルーテシア)」の名は、ローマ時代のパリの名称「ルテス」(ラテン語で「ルーテシア」)から由来する。今回の2台は、現代のパリをイメージさせる特長的なモデルだ』と説明した。

「ルノー ルーテシア イニシアル・パリ」は、ルーテシアの中でも最上級に位置するラグジュアリーグレードだ。ベースモデルがブラック内装でシックな印象なのに対し、こちらは高級感あふれるベージュインテリアとされ、専用のベージュレザーシートが装備される。それも単なる革張りシートではなく、シートのふちにはパイピング(ダブルステッチ)が施され、さらに背中の当たる部分には刺繍も入れられている点がフレンチ流。外装色は、内装とマッチした上品な印象の専用ベージュメタリック、シルバーとベージュがミックスされた専用の16インチアロイホイールと組み合わされる。

ルノー ルーテシア イニシアル・パリ[30台限定]ルノー ルーテシア イニシアル・パリ[30台限定] ベージュレザーシートは専用の刺繍とパイピングが施された高級な仕立てルノー ルーテシア イニシアル・パリ[30台限定] 専用刺繍ルノー ルーテシア イニシアル・パリ[30台限定]16インチシルバーxベージュアロイホイールルノー ルーテシア イニシアル・パリ[30台限定]

前出のブレン氏は『イニシアル・パリは、(パリ市の西側で高級住宅街の)パリ16区で、マダムたちのお出かけ用として愛されるクルマだ』と説明し、かの地では小さな高級車として支持されていると話した。

なおルーテシア イニシアル・パリ、実は以前にも日本向けに設定されていたグレードなのだが、今回は装備を見直し価格も抑えられ、高級なモデルながらも234.8万円[消費税込み]の設定とされた。

セーヌ川沿いの優雅な生活を想わせる魅力的なモデルは、限定わずか30台。手にするなら今しかない!

ルノー、コンパクト・ラグジュアリーモデル「ルーテシア イニシアル・パリ」を限定30台発売[自動車ニュース:2012年9月20日:]

モンマルトルの丘、石畳の坂道をマニュアルで駆け巡れ!「ルノー ルーテシア エクスプレッション MT」

ルノー ルーテシア エクスプレッション MT[40台限定]
ルノー ルーテシア エクスプレッション MT[40台限定] 日本では99%がAT車、という中、ルノー車は4割がMT車だという!ルノー ルーテシア エクスプレッション MT[40台限定] ボディカラーはブルー マリン フュメ。独特の質感が個性的なソリッドカラーだ。

いっぽう、もう1台のルーテシア限定車「ルノー ルーテシア エクスプレッション MT」は、その名の通りMT(マニュアルトランスミッション)専用の特別仕様だ。

日本ではAT車が99%を占めているが、「フランスでは乗用車の9割はマニュアル車」(ブレン氏)なのだという。フランス車のホントの魅力を知りたいなら、ちゃんとMT車に乗って味わってみないと真髄は分からないということなんだろう。実際、日本でのルノー車は、実に4割がMT(!)だというから、ユーザーもそこのところはよーくご存知の様子。

ルーテシア エクスプレッション MTは「(パリ市の北側)18区のイメージ。(パリでもっとも高地な丘陵地)モンマルトルの丘を巡り、石畳路も含まれるワインディングを、マニュアルシフトで軽快に楽しめるクルマ」(ブレン氏)だ。

価格は204.8万円[消費税込み]。こちらは3色のボディカラーが用意され、40台限定で発売される。

ルノー、マニュアルトランスミッションのベーシックモデル「ルーテシア エクスプレッション MT」を限定40台発売[自動車ニュース:2012年9月20日]

快適サウンドで長距離バカンスの旅へ「ルノー コレオス BOSEエディション」

ルノー コレオス BOSEエディション[20台限定]ルノー コレオス BOSEエディション[20台限定] リア・エンブレム周り

最後に紹介するのは「ルノー コレオス BOSEエディション」。こちらも名前で分かるように、アメリカの音響メーカー「ボーズ社」がコレオス専用に設計したBOSEサウンドシステムを搭載する特別仕様車だ。

コレオスの開発段階から共同で設計に携わり、車両特性にマッチしたオーディオシステムを構築した。専用アンプ内蔵の7リッターウーファーボックスを荷室床下に設置するなど、室内には合計8つのBOSEスピーカーを配置する。

バカンスを楽しむ国フランスでは、日本では考えれないような長距離のドライブを楽しむ習慣がある。ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長は「BOSEのサウンドシステムで音楽を楽しみながら長距離を快適に走れる。フランス車の美点を満喫出来るクルマだ」と、ルノー コレオス BOSEエディションの魅力を語った。

ルノー コレオス BOSEエディションは、落ち着いた印象のファブリック&レザー調コンビシートや専用ダークカーボン内装、専用17インチダークメタルアロイホイール、専用マットシルバードアミラーなどを備え329.8万円[消費税込み]。20台限定の販売となる。

ルノー、BOSEシステムを搭載した限定車「コレオス BOSEエディション」[自動車ニュース:2012年9月13日]

[Text&Photo:オートックワン編集部]

ルノー コレオス BOSEエディション[20台限定] 専用17インチダークメタルアロイホイールルノー コレオス BOSEエディション[20台限定] 運転席周りルノー コレオス BOSEエディション[20台限定] BOSEサウンドシステム ラゲッジ内に設置されたウーファールノー コレオス BOSEエディション[20台限定] BOSEサウンドシステム フロントスピーカールノー コレオス BOSEエディション[20台限定] 専用エンブレム&マットシルバードアミラー

ルノー ルーテシア 関連ページ

ルノー コレオス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー ルーテシア の関連記事

ルノー ルーテシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー ルーテシア の関連記事をもっと見る

ルノー ルーテシア の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26