autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 「ルノーカングージャンボリー2012」600台を超えるカングーたちが富士のふもとに大集合!

イベントレポート 2012/5/21 15:10

「ルノーカングージャンボリー2012」600台を超えるカングーたちが富士のふもとに大集合!

「ルノーカングージャンボリー2012」600台を超えるカングーたちが富士のふもとに大集合!

ユーザーからこんなに愛されてるクルマ、他にある!?

会場には特設ステージが設けられ、トークショーやマジックショーなどが行われた。個性的なカングーが集結![「ルノーカングージャンボリー2012」会場]

2012年5月20日日曜日。初夏を想わせる陽気の中、富士山のふもと山梨県富士吉田市で、今年もルノー車のファンイベントが開催された。その名は「ルノーカングージャンボリー」。ルノー ジャポンが主催する、今回で4度目となる恒例イベントだ。

イベントの主役は、その名の通り「ルノー カングー」。ファミリー層を中心に根強い支持を集めるカングーが全国から大集合しオーナー同士の交流を深めるとともに、会場では参加者を満足させる数多くのイベントも開催された。

昨年のカングージャンボリーの参加台数はおよそ300台。今年ルノージャポンでは、昨年より多い500台くらいの参加を見越していたというが・・・当日は天候にも恵まれたおかげもあってか、最終的には約640台のルノー カングーとカングーファンたちが集まったのだから凄い!

取り立ててスポーティなワケでも、スタイリッシュなワケでもない、ただの「実用車」であるカングーに、人はどうしてここまで惹かれるのか。ユーザーから愛されるカングーの魅力について探った。

モデル、森 泉サンもカングーを応援!

本日のメインイベント!「森 泉」サンのスペシャルトークショー!天候にも恵まれ、公式発表で実に640台前後のカングー(等のルノー車)が集合した![「ルノーカングージャンボリー2012」会場]

とにかくまず、会場の模様を画像でチェックして欲しい。会場を埋め尽くすカングーたちのカラフルなボディカラー、そして癒し系のスタイリングが目につくはずだ。例えば、同じように(いや、数の上では比べ物にならないくらい)ファミリー層から絶大に支持されている国産ミニバン軍団がこのように集まっても、絶対こんな感じにはならないだろう。

だいたい、カングー「たち」だなんて擬人化したくなるような、まるでペットのような不思議な雰囲気がこのクルマにはある。

ペットといえば、広大なカーゴスペースを持つカングーだけに、愛犬家からも支持を集めている。そのため今年のルノーカングージャンボリー会場には約1000平方メートルのドッグランも用意され、気持ち良さそうに会場を駆け抜けるワンコの姿が多く観られた。

会場の特設ステージでは、昨年夏に登場したルノー カングーマイナーチェンジモデル発表イベントでカングーにすっかり魅了されたという、モデルでタレントの森 泉さんがスペシャルゲストとして参加。愛犬とともにステージに登場し、カングーの群れのあまりのカラフルさとファンの熱気に、ただただ圧倒されていたようだ。このほかステージではマジックショーや、ルノーアドバイザーでもあるファッションディレクターの軍地 彩弓さん、スタイリスト 亀 恭子さん、ライフスタイルアドバイザー 村上 萌さんのトークショーも行われた。

「Vis Tes Passions~好きを、走れ。~」はルノー ジャポンのブランドメッセージ。[「ルノーカングージャンボリー2012」会場]ルノーアドバイザーでもあるファッションディレクターの軍地 彩弓さん、スタイリスト 亀 恭子さん、ライフスタイルアドバイザー 村上 萌さんのトークショードッグラン会場には愛犬用ケージを載せたカングーが展示。[「ルノーカングージャンボリー2012」会場]愛犬家オーナーも多いルノーカングー。ドッグランのコーナーも用意され好評を博していた。人気No.1だったトリコロールのラッピングが施されたスペシャル「カングー」。[「ルノーカングージャンボリー2012」会場]

参加者全員を満足させるイベントの数々を用意

会場でお披露目された300台限定の特別仕様車「ルノー カングー クルール」。[「ルノーカングージャンボリー2012」会場]
前回のカングージャンボリーで発表されたルノークルールの衝撃的なボディカラー「ピンク」のモデルも会場に現れていた。[「ルノーカングージャンボリー2012」会場]続々と会場に入ってくる参加者(車)たち![「ルノーカングージャンボリー2012」会場]

カングーオーナーのためのイベント、「ルノーカングージャンボリー」。ドッグランや数々のステージイベントのほかにも様々な催しが用意された。そのひとつがフリーマーケット。カングーユーザーから事前に募り、会場で様々なグッズを販売するスペースを設けたのだ。さらに野菜マルシェやグッズ販売、屋台などの物販コーナーも盛況だった。

また建物屋内ではペーパークラフト教室が開催されたり、奥様や彼女のためのネイルサロンがオープンするなど、参加者全員が満足出来る工夫がそこかしこに用意されていたのもカングーならでは。ふつうクルマのイベントっていうと、彼氏orお父さんだけがニコニコ満足してて、退屈そうな彼女・奥様・お子様が一緒、ってのが相場だけに、これも貴重なことだろう。

また、つい先日発表されたばかりの限定車「カングー クルール」も会場で披露。日本限定の特別カラー3色が用意され、全300台限定で発売されるカングー クルールは、これだけカラフルなカングージャンボリーの会場にあっても存在感は特別で、来場したカングーファンからも大いに注目を集めていた。

なにせ参加車だけで640台も集まっただけに、その全ての模様をご紹介するのは無理がある。画像をクリックして頂くと、紹介し切れなかった会場の様子(の一部)が観て頂ける。ぜひこちらも併せてチェックして欲しい!

※画像をクリックすると、この他にも多くのイベントの模様がチェックできます

かわいいフラッグが会場を目指す![「ルノーカングージャンボリー2012」会場]カラフルな「ちゃぶ台」(?)にお子様も夢中![「ルノーカングージャンボリー2012」会場]ルノー4のカラーを再現した「ベージュ カマルグ」に塗られたカングー クルール。写真のスチールホイールはオプションだ。[「ルノーカングージャンボリー2012」会場]カングーのショート版「カングー ビボップ」(右)も大勢参加していた。[「ルノーカングージャンボリー2012」会場]会場ではユーザー自らが出展出来るスペースも設けられた。[「ルノーカングージャンボリー2012」会場]
「ルノーカングージャンボリー2012」の会場は昨年に続き富士Calm(フジカーム)[山梨県富士吉田市]。本来は企業などの研修が行われる施設だが、敷地内の広大な芝生広場を用いて行われた。イベントへ(無理やり?)連れて来られた奥様や彼女の満足度を高める!ネイルサロンはなんと無料で体感出来る!(抽選)参加者による大じゃんけん大会も行われた会場の奥には、カングー以外のルノー車の駐車スペースも用意された。RRで2+2の高級スポーツカー「アルピーヌV6ターボ」も参上。奥のグリーンのモデルは「ルノー セニック RX4」。これも希少なモデルだ。
なんとアルピーヌ風ラリーカーのフロントマスクに改装したカングー![「ルノーカングージャンボリー2012」会場]カングーの先祖、「ルノーエクスプレス」は小型車「ルノー5(サンク)」をベースにしたフルゴネット。[「ルノーカングージャンボリー2012」会場]写真の初代ルノーカングーはレアなカラーリングが施された並行輸入車。[「ルノーカングージャンボリー2012」会場]癒し系の2台「ルノー トゥインゴ」(初代)。めっきり見かける個体も少なくなってきた。ルノー エスパス(2代目)

ルノー カングー 関連ページ

ルノー カングービボップ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー カングー の関連記事

ルノー カングーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー カングー の関連記事をもっと見る

ルノー カングー の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26