autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ 911カレラGTS 試乗レポート/河村康彦 4ページ目

試乗レポート 2011/1/27 21:28

ポルシェ 911カレラGTS 試乗レポート/河村康彦(4/4)

関連: ポルシェ Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェジャパン株式会社
ポルシェ 911カレラGTS 試乗レポート/河村康彦

スペシャルな911は「眺めて楽しむ」がスタンス

研究開発部門の検証を受けつつ、自社内のカスタマイズ専門部門「ポルシェ エクスクルーシブ」の手で開発されたという少量生産モデルゆえ、価格も3,000万円に手が届こうかというスペシャルな911であるこのモデルが狙うのは、「ポルシェ スポーツカーの伝統的特徴と、現行カレラシリーズを上回る走りのパフォーマンス」という。

ポルシェ 911スピードスターポルシェ 911スピードスター

そのために、”ダブルバブル”デザインのハードカバー内に格納される手動式ソフトトップを用いた事による独自のフラットなシルエットを実現させ、カレラGTSと同様のワイドボディや、やはりカレラGTSと同様の408psエンジンなどを採用する。

セラミックコンポジットブレーキ”PCCB”や機械式LSDなど、通常であればオプションとして用意される多くのメカニカルアイテムを標準装備したカレラGTSでは、インテリア各部もハンドクラフトにより施工されている。

かくして、まずは見た目のアレンジに大きな注力が図られたカレラGTSの走りのテイストは、基本的にはカレラSカブリオレのそれにかなり近い。

当然ながらルーフオープンの状態で走るのが”デフォルト”ではあろうものの、そうなるとベースモデルのカブリオレのようにシート後方にウィンドウディフレクターを用意しないこのモデルでは、後方からの風の巻き込みが盛大。

そのルックスに相応しい優雅な走行シーンを楽しむためにはそれなりに速度を抑える以外にはなく、そんな事からもどちらかと言えば「眺めて楽しむ」というスタンスが重視されているのではないかと思えるのがこのモデルでもある。

もちろん、そうは言ってもそこは念入りなチューニングが施されたポルシェ911の事だけあって、アメリカで開催された国際試乗会の現場では911カレラGTSと全く同じペースで走り回る事が出来たのは付け加えておこう。

こうして、現在の997型911に最後に加えられたバージョンが、このカレラGTSとスピードスターという2つの魅力的バージョン。

そして、来る2011年には”991型”と噂される次期911へと、再び飛躍を目指したバトンタッチが行われる訳である。

筆者: 河村 康彦
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ の関連記事

ポルシェの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ の関連記事をもっと見る

ポルシェ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円