autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ パナメーラ ターボS 海外試乗レポート/河村康彦 3ページ目

試乗レポート 2011/8/4 09:55

ポルシェ パナメーラ ターボS 海外試乗レポート/河村康彦(3/3)

関連: ポルシェ パナメーラ Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェ ジャパン
ポルシェ パナメーラ ターボS 海外試乗レポート/河村康彦

その走り、まさに脱帽

ポルシェ パナメーラ ターボSポルシェ パナメーラ ターボS

そんなハイエンド・サルーンとしての振る舞いが、世にも稀なる4シーター・スーパースポーツカーへと変身をするのは、もちろんアクセルの踏み込み量をグンと増した瞬間だ。慣れないドライバーでは恐怖心から思わずアクセルを踏む力を緩めてしまうのではないか――と、このモデルの全力加速シーンでは、まさにそんな怒涛の速さに全身を襲われる事になる。

しかし、そうした速さの質というものが決して無機的なものではなく、いかにも「ポルシェの作品」を操っている事を実感させられるのは、その凄まじいまでの絶対的な加速力と共に、何とも入念に作り込まれた事がイメージ出来るパワフルなサウンドにもあるようだ。特に、“スポーツエグゾースト・システム”を作動させると同時に高まる、アクセルワークに即応して響くビートの効いたV8サウンドは絶品の演出ぶり。

ドイツで開催された国際試乗会では、そんなサウンドに身を委ねつつアウトバーン上でアクセルペダルを踏み続けていると、さほどの時間を待たずしてオーバー270km/hという非日常の世界へと踏み込む事になってしまった。

一方、うっかりすると“直線番長”とも受け取られかねないそんな巨体のフル4シーター・モデルでワインディング・ロードへと乗り付けると、これが徹頭徹尾、狙ったラインを外さないいわゆる「オン・ザ・レール」の感覚を味わわせてくれる事に呆れるほどだ。

実は、そんなシーンの裏側では先に紹介の“PDCC”やら“PTVプラス”といったハイテク・システムが巧みに介入をしているはずなのだが、ドライバーに対してはそれらが制御を行っている事を無用に意識させない点もまた見事な仕上がりと言って良い。

911にオマージュを抱いて開発されたというそのエクステリア・デザインが、「スタイリッシュというよりはちょっと変わったカタチに見える」というのは、デビュー当初からの個人的な見解。

しかし、そんなルックスへの好みはまた別として、何はともあれその走りのポテンシャルにはいよいよ脱帽せざるを得ないというのが、シリーズの頂点に立つこのパナメーラ・ターボSなのである。

ポルシェ パナメーラ ターボSポルシェ パナメーラ ターボSポルシェ パナメーラ ターボSポルシェ パナメーラ ターボSポルシェ パナメーラ ターボS
筆者: 河村 康彦

ポルシェ パナメーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ パナメーラ の関連記事

ポルシェ パナメーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ パナメーラ の関連記事をもっと見る

ポルシェ パナメーラ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円