autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ パナメーラ 海外試乗レポート/河村康彦 編 4ページ目

試乗レポート 2009/6/30 20:27

ポルシェ パナメーラ 海外試乗レポート/河村康彦 編(4/4)

関連: ポルシェ パナメーラ Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェジャパン株式会社
ポルシェ パナメーラ 海外試乗レポート/河村康彦 編

その血統はカイエンからの流れをより色濃く汲んでいる

ポルシェ パナメーラ ターボ

ボクは、かつてカイエンの走りを「“ON”でも“OFF”でも走りの王者」と形容した事がある。

そんなスーパーSUVの“ON”の走りに、とことん磨きを掛けたのがこのパナメーラの走りのテイストと言って良いように思う。

すなわち、911やボクスター、ケイマンなど、「ドライバーの後方にパワーパックが位置するモデルの走りとは明確に異なるテイスト」とも同義語だ。

比類なく高いトラクション能力を武器に、低ミュー路でもガンガンとアクセルを踏んでいける“ポルシェ・スポーツカー”とパナメーラとは、やはり別の舞台に立っている。

誤解を招くと困るのだが、パナメーラはポルシェ車ではあっても「ドライバーズ・シートだけが至福のポジション」という1台ではないという事だ。

しかし、思えばそれも当然で、911やボクスター、ケイマンといったモデルをラインナップするこのブランドが敢えて挑戦するフル4シーターのモデルに、改めてそんな味付けをする必要性は全く無い。

カイエンが「こんなクルマはポルシェらしくない」と言われつつデビューをした当時、しかし“初めて真っ当なリアシート”を持つそのモデルに飛び付いた人は少なくなかった。

パナメーラは、そんなカイエンが開拓したポルシェの新境地を、さらに新しい解釈で広げるニューカマーなのだ。ただし、その血統がカイエンからの流れをより色濃く汲んでいるのは確かと感じられる。

しかし、そんなパナメーラが同社既存のスポーツカー・レンジ―特に911―に格別なるオマージュを抱いた作品であるのは、そのスタイリングからも明らか。

そう、「ポルシェはスポーツカーメーカー」というその部分にこそ、さらなるスポットライトを充てるために生み出された新種の4ドア・モデルが、このパナメーラという1台なのである。

ポルシェ パナメーラ ターボポルシェ パナメーラ ターボポルシェ パナメーラ ターボポルシェ パナメーラ ターボポルシェ パナメーラ ターボ
筆者: 河村 康彦

ポルシェ パナメーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ パナメーラ の関連記事

ポルシェ パナメーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ パナメーラ の関連記事をもっと見る

ポルシェ パナメーラ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    619万円865.4万円