autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェの提案するスポーツモデルのPHVとはいかに?パナメーラS Eハイブリッド/カイエンS Eハイブリッド試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/1/27 18:29

ポルシェの提案するスポーツモデルのPHVとはいかに?パナメーラS Eハイブリッド/カイエンS Eハイブリッド試乗レポート(2/3)

ポルシェの提案するスポーツモデルのPHVとはいかに?パナメーラS Eハイブリッド/カイエンS Eハイブリッド試乗レポート

SUV・ミニバンオーナーもビックリの消費燃費

では、プラグインハイブリッド車はインチキで燃費をよく見せかけた、ニセモノのエコカーなのでしょうか?

私はそうは思いません。

第一に、先ほども申し上げたとおり車重2トンのクルマにもかかわらず、ひと昔前のコンパクトカーなみの14km/Lという燃費を達成できるのです。ミニバンやSUVをお持ちのユーザーで、この半分程度の燃費で納得されている方は少なくないでしょう。つまり、燃費はいいのです。

でも、プラグインハイブリッドのよさをもっと引き出す方法があります。

それは、できるだけこまめにバッテリーを充電してEV走行する距離を伸ばすこと。そうすれば、ガソリンを燃やして走るよりCO2排出量はずっと少なくなり、環境に優しいクルマの使い方ができます。

しかも、電気のほうがガソリンで走るよりも“燃料代(実際には電気代ですが……)”はずっと安くて済みます。おまけに、バッテリーの電気を使い果たしたら、ガソリンを使ってどこまでも走り続けられるから、EVのようにバッテリー上がりを心配しながら使う必要もなし。

どうですか?こうやって考えると、プラグインハイブリッドにも大きなメリットがあるような気がしませんか?

スポーツカーメーカー「ポルシェ」が果たそうとする責任

スポーツカーメーカーのポルシェは、プラグインハイブリッドの開発にもっとも力を入れている自動車メーカーのひとつです。

その証拠に、「パナメーラ」「カイエン」「918」と、すでにプラグインハイブリッド車を3モデルも販売している。これって、ポルシェが世界の自動車メーカーに先駆けて実現したことなのです。

しかも、昨年のルマン24時間レースでポルシェは16年振りの勝利を挙げましたが、そのとき走らせたのも実はプラグインハイブリッド車。

では、スポーツカーメーカーのポルシェが、なぜプラグインハイブリッドの開発にこれほど熱心かというと、ポルシェのようなハイパフォーマンスカーはCO2排出量がどうしても大きくなりがち。そこで、CO2排出量を少しでも減らせるプラグインハイブリッドを1台でも多く世に送り出すことで、自動車メーカーとしての責任を果たそうとしているからなのです。ポルシェ、考え方は意外とマジメなんだなあ。

ポルシェ パナメーラ 関連ページ

ポルシェ カイエン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ パナメーラ の関連記事

ポルシェ パナメーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ パナメーラ の関連記事をもっと見る

ポルシェ パナメーラ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円