autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ パナメーラ GTS 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2012/3/2 13:43

ポルシェ パナメーラ GTS 海外試乗レポート(2/2)

関連: ポルシェ パナメーラ Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェ
ポルシェ パナメーラ GTS 海外試乗レポート

まるで、タキシードを気軽に着こなす強靭なアスリートのよう

ポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTS

そんな情報を元に、「自然吸気エンジンを積むパナメーラの中で、最もハードコアなモデル」という先入観を持ってスタートした自分は、走り始めた瞬間にこのモデルが、圧倒的なまでの快適性の持ち主である事に驚嘆をした。

それは、これまで経験したどのパナメーラよりも、フラットでしなやかな乗り味を実現。すなわちそれは、紛れも無く「これまで自身が経験をしたあらゆるポルシェ車の中で、最上級の乗り味を備えたモデル」という事をも示している。

すでに紹介のように、このモデルはローダウンをされた専用チューニングの強化サスペンションを採用の上で、標準でファットな19インチのシューズを履く。それが、「ポルシェ史上で最も優れた快適性を味わわせてくれる」などとは当然予想をしていなかった。しかも、今回南スペインをベースに行われた国際試乗会に用意されたテスト車には、実はオプションの20インチ・シューズが履かされていたのだ。

が、そんなパナメーラGTSでしばらく走行を続けている内に、そうした好印象は単にサスペンションの動きがしなやかだから、といった理由だけには由来をしていない事に気がついた。

ポルシェ パナメーラ GTS

それは、瞬時に振動を封じ込めてしまう際立つボディ剛性感の高さや、かつてよりも路面とのコンタクト感を増したように思えるステアリング・フィール。さらには、今やトルコンAT式に全くヒケを取らない、微低速域でもごく滑らかな加減速をやって退ける“PDK”のマナーの良さなど、クルマ全体が生み出す走りの質感がどれもすこぶる上質である事によって成し遂げられているのだ。

すなわち、ポルシェ史上最良の快適性はGTSだからというわけではなく、「パナメーラというモデル自体の仕上がりがレベルアップをしたから」とも考えられる。

それにしても、このコンフォート性の持ち主であれば、まさに“GTカー”ならではの長距離一気乗りも楽々とこなせそう。となると、今度は100リッター(!)という巨大な燃料タンク容量も、実質的な意味を持って来るように思える。

ターボ・グレードと同等以上の最もスポーティなパナメーラ

ポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTS

しからば、かくも上質な走り味を実現させたGTSは、もしかすると“曲がり”が不得手なのではないか!?

・・・と、そんな疑問を見透かすかのように、ポルシェはゴージャスなフル4シーター4ドア・ボディの持ち主でもあるこのモデルのために、本格的なサーキット走行セッションも用意をしていた。

実は、今回のテスト車は、先の20インチ・シューズの他にも、やはりオプション設定である“PDCC”や“PTVプラス”、“PDCC”などをフル装備状態としていた点は考慮の必要がある。

が、ピットロードを後にしてサーキットの本コース上へと躍り出たパナメーラGTSは、「それにしても!」というダイナミックな走りのポテンシャルを存分に披露してくれた。

標準装備されるスポーツクロノ・パッケージのスイッチで“スポーツ・プラス”のモードを選択すると、高Gコーナリングでも殆どロールを意識させないほど脚はかたくなり、“PDK”も常に高回転をキープするプログラムを選択。アップシフトの度に強い変速ショックが伝わるが、これは敢えて快適性を犠牲にしてでも加速力を優先させるセッティングを行ったからであるから。

ポルシェ パナメーラ GTS

“スポーツ”モードでは、アップシフト時の素早い「回転合わせ」のために行う燃料噴射と点火を共に休止するこのモデル用エンジン固有の“シリンダー・シャットダウン”の制御を、“スポーツ・プラス”モードでは敢えて再び解除するための現象だという。

それにしても、次々と迫り来るコーナーをとてつもなく高い旋回Gを発しながらクリアし、ターンインに先駆けてのブレーキングでは今度は気分が悪くなりそうなほどに高い減速Gを平然と発揮する様は、やはりこのモデルが「生粋のスポーツカー・メーカーの作品」である事を実感させられる。

「加速方向を除けば『ターボ』グレードと同等以上の最もスポーティなパナメーラ」という開発陣のコメントは、なるほど疑いようがないのだ。

「ONとOFFのメリハリ」

ポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTS

そんなホットな走りを堪能させてくれたパナメーラGTSで、サーキットを離れて一般道へと乗り出す。と、そうした舞台では極上の乗り味を提供してくれる、ゴージャスなフル4シーター・モデルとしてのキャラクターが再び蘇る。そこでは、サーキットで暑い汗をかかされたスパルタンなスポーツカーとしての面影はもはやない。

標準装備のスポーツ・エグゾーストシステムのスイッチをOFFにすれば、インテークサウンドをAピラーを通じて敢えて室内へと響かせる“サウンド・シンポーザー”の作動が解除され、クルージング時のこもり音がグンと減じられるからなおさらだ。

そう、このGTSグレードならではの魅力というのは、パナメーラというスポーティな4ドア・モデルが備える「ONとOFFのメリハリ」が、より一層明確化される点にこそあるように思う。

まるでタキシードを気軽に着こなしてしまう強靭なアスリートのような二面性――それこそが、パナメーラGTSの真の魅力であるという事だ。

筆者: 河村 康彦

ポルシェ パナメーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ パナメーラ の関連記事

ポルシェ パナメーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ パナメーラ の関連記事をもっと見る

ポルシェ パナメーラ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円