autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ ケイマンR 試乗レポート/桂伸一 3ページ目

試乗レポート 2011/12/20 13:12

ポルシェ ケイマンR 試乗レポート/桂伸一(3/3)

関連: ポルシェ ケイマン Text: 桂 伸一 Photo: オートックワン編集部
ポルシェ ケイマンR 試乗レポート/桂伸一

はたしてケイマンRはベストバイか?

ポルシェ ケイマンRポルシェ ケイマンR

ポルシェ ケイマン R 画像ギャラリー← 画像ギャラリーはこちら!

ポルシェのベストバイは?と聞かれたら「GT3」と即答していたが、今や「ボクスタースパイダー」の名を先に上げる。理由は軽快感とダイレクト感と価格の安さ(高いけど)。その意味でケイマンR も同様だろうか?

低い着座姿勢のいかにもスポーツカーらしいバケットシートに低く埋まりステアリングを手前に引き寄せて固定。軽過ぎず、重過ぎない3ペダルの操作でケイマンRは流れるようにスタートして行く。

ダッシュするため高回転でクラッチをスパッとミートする。剛性が高いとはこういうことで、どこにも逃げがなく“ドン”とダイレクトに背中を蹴飛ばされる感触。コーナーの進入直前まで加速してきて、ブレーキングで減速しながら同時にステア操作する。と、ステアリングを切り込む速度と角度で、ノーズの向きやコーナリング姿勢は自在に操ることができる。

ポルシェ ケイマンRポルシェ ケイマンR

旋回中、意図的にアクセルを急激に戻すと、リアはタックイン現象から外に向かって流れようとする。このあたりの動きはボクスタースパイダーよりもシビアで早い。しかし流れようとするリアだが、そこはさすがにミドシップ。エンジン重量がリアタイヤにどっかと加わり、挙動変化を起こす前に安定方向に収束する。

それよりもさらに一歩踏み込んだ領域で、車輌安定装置のPSMが作動してサポートしてくれる。エンジンは330psのパワーと37.8kgmのトルク。これがアクセルに対する軽快な加速Gと、サウンドもまた心地いい。3800rpm付近からバルブタイミングの変化と6気筒が奏でる共鳴音はまさに快感で、7500rpmのリミッターまで一気に盛り上がる。

ポルシェ ケイマンR

雨の富士スピードウェイのストレートでは5速7000rpmで240km/hに達した。もちろん加速状態は続いているので、ドライ路面であれば立ち上がり加速が良いから最高速はまだ伸びる。

ケイマンRの神髄は、加速Gと、軽快で俊敏なフットワーク。サーキットのように限られたステージに持ち込んでこそ超高速域の安定性が味わえるのだ。

ポルシェ ケイマン R 画像ギャラリー← 画像ギャラリーはこちら!

筆者: 桂 伸一

ポルシェ ケイマン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ ケイマン の関連記事

ポルシェ ケイマンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ ケイマン の関連記事をもっと見る

ポルシェ ケイマン の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円