autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ ケイマンS 試乗レポート/金子浩久

試乗レポート 2013/6/7 17:36

ポルシェ ケイマンS 試乗レポート/金子浩久(1/2)

関連: ポルシェ ケイマン Text: 金子 浩久 Photo: 茂呂幸正
ポルシェ ケイマンS 試乗レポート/金子浩久

新型ケイマンを試乗!“獰猛なワニ”は果たしてどのように進化したのか!?

ポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマン

ケイマンSとケイマンがフルモデルチェンジされた。昨年モデルチェンジされたボクスターの兄弟とも言うべき、ポルシェのミッドシップスポーツカーだ。

ポルシェの代名詞的な存在である911がリアエンジンで、小振りなリアシートを備える2+2のシートレイアウトを採用するのに対して、ケイマンとボクスターは純粋な2シーター。そこが決定的に違う。

さらにケイマンが固定されたルーフを持つのに対して、ボクスターは電動スイッチで開閉するキャンバス(強固な構造材入り)ルーフを備えている。

屋根が開くか開かないか。それがケイマンとボクスターの最大の違いだ。

エンジンは同じなのだが、ケイマンとボクスター、ケイマンSとボクスターSでそれぞれ最高出力が10馬力ケイマンの方が大きい。

“屋根が開かず、10馬力大きいのがケイマン”と憶えておいて間違いない。

ポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンS

そのエンジンはガソリン直噴水平対向6気筒。ケイマンの排気量が2.7リッター、ケイマンSのそれが3.4リッター。トランスミッションは6速MTと7速AT(PDK)。

PDKというのは、「ポルシェ・ドッペル・クップルング」の頭文字をつなげたもので、2ペダル式のツインクラッチトランスミッションのことだ。

ポルシェはPDKを1980年代からグループCカーレースを通じて開発を始め、現在ではカイエン以外のすべてに採用している。

ケイマンのエクステリアデザインは先代のイメージを受け継ぐものの、造形そのものは大きく変えてきた。先代よりも複雑な曲線や曲面を多用し、角度によって様々な容貌を見せる。

特に、異形ヘッドライトユニットとボディサイドのエアインテイク、リアのエアスポイラーは目を引く。

ボクスターの海外メディア試乗会でデザイナーのミッチャ・ボルカートは「新型ボクスターには、カレラGTや918スパイダーのディテイルやイメージを盛り込んだ」と力説していたから、ボクスターとその兄弟であるケイマンには新しいカタチで新しい息吹を吹き込みたかったのだろう。

ポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンS
ポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンSポルシェ ケイマンS

ポルシェ ケイマン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ ケイマン の関連記事

ポルシェ ケイマンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ ケイマン の関連記事をもっと見る

ポルシェ ケイマン の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円