autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ カイエン 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2007/3/1 11:46

ポルシェ カイエン 海外試乗レポート(3/3)

関連: ポルシェ カイエン Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェ・ジャパン株式会社
ポルシェ カイエン 海外試乗レポート

信頼性と圧倒的タフネスぶりを実感させてくれる走り

今回のテストドライブでは設定されたコースの途中で路面が完全に水没してしまうほどの豪雨にも襲われ、せっかく用意された特設のオフロードコースが使用出来なくなるというハプニングにも見舞われた。

が、そんな悪天候が新しいカイエン・シリーズの備える際立ったタフネスぶりを逆に明確にしてくれたのもまた事実。3種類の新エンジンに前出“PDCC”を装着した各テスト車は、そんな天候や路面状況の大きな変化にかかわらず、“ON”から“OFF”までのどのようなシーンでも、常に信頼感に富んだ圧倒的タフネスぶりを実感させてくれる走りを味わわせてくれた。

決して誇張ではなく「身体がシートバックに張り付くような加速」を体験させてくれるのはもちろん『ターボ』。最高500psのパワーを4輪に分散させて大地を蹴るその加速力は伊達ではない。「911ターボには用いた可変制御式ターボチャージャーを用いなかったのは、ベース排気量により大きなゆとりがあったから」という言うとおり、スタートの瞬間からの低速域での力強さにも文句はない。そして、アクセルペダルに多少なりとも力を込めればまさしく“200km/h”の世界がアッという間に目前。率直なところ、日本の環境ではそんな有り余るパワーを御するのに神経を使いそうなほどで、まさに『世界最強のSUV』というタイトルをほしいままにするのがこのモデルだ。

一方、さらに迫力ある排気サウンド面を含め、絶対加速力では『ターボ』の後塵を浴びるもののむしろフィーリング的にはよりスポーティとも受け取れるのがV8自然吸気エンジンを搭載の『カイエンS』。このグレードの場合、『ターボ』には選択肢のないMT仕様を選択するとそんなテイストがさらに飛躍的にアップ。ポルシェならではのSUV、という“通好み”のキャラクターを倍加させてくれるのが、カイエンSのMT仕様だ。

従来同様、フォルクスワーゲンからの供給を受けたベースユニットに“ポルシェ・チューン”を施した6気筒エンジンを搭載する『カイエン』も、明確に走りの力強さを増しているのが嬉しい。「4人がゆったり乗れる4ドアのポルシェ車」という点に重きを置くのであれば、『S』や『ターボ』と全く同じボディ・パッケージングの持ち主であるこのモデルの存在意義は当然大きい。

確かに、8気筒モデルほどの迫力ある加速感は味わえないものの、それでもその絶対加速力はMT仕様で8.1秒、AT仕様で8.5秒と十分。最高速は共に227km/hという同一値で、車両重量が2トンを超えるあの巨体をそこまで引っ張るのだから、このモデルの走りが決して侮れるものではないのが明らかだ。

ところで、今回の試乗会に用意されたモデルには全て前出の“PDCC”が装備をされていたが、ワインディング・ロードを少々速いペースで走り回った程度では題目通り、ボディのロールを見事なまでに抑え込んでくれるのが印象的だった。その効果は、やはり「ポルシェ車らしい走りのテイストを強調する」という点では明確なもの。“ポルシェ・オプション”の常でそれなりに高価な設定となるのが気になるが、それでも特にオンロードでの走りのテイストに拘るのであれば見逃せない逸品がこのアイテムだ。

筆者: 河村 康彦

ポルシェ カイエン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ カイエン の関連記事

ポルシェ カイエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ カイエン の関連記事をもっと見る

ポルシェ カイエン の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円