autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ポルシェ カイエン 新型車解説

新型車解説 2010/2/25 14:01

ポルシェ カイエン 新型車解説(1/2)

関連: ポルシェ カイエン Text: 金子 浩久 Photo: ポルシェ・ジャパン
ポルシェ カイエン 新型車解説

新型カイエンがハイブリッドモデルを引っ下げて登場!

新型カイエン ターボ新型カイエン ターボ

ポルシェ 新型カイエンが2月25日に世界同時発表された。

2003年のデビュー以来、カイエンはポルシェにとって重要な存在であり続けている。ポルシェ初のSUVとして開発され、それまでポルシェに馴染みになかった中東やロシア、中国などで販売台数を伸ばし、新しい市場を開拓することに成功したからだ。

2003年~2007年に掛けて製造したカイエンは17万台以上に上る。その後、ディーゼル版やGTSモデルを追加し、2007年にはエンジンをガソリン直噴化した。それらによって、カイエンシリーズは25万台以上もの生産を達成した。

新型カイエンのエンジンは、5種類が用意されている。500馬力のV8ターボ、400馬力のV8、300馬力のV6と、ガソリンエンジンが3種類でディーゼル1種類。ターボ、カイエンS、カイエンに搭載されるエンジンは、それぞれ先代のガソリン直噴型を踏襲する。

トランスミッションは新開発の「8速ティプトロニックS」だ。PDKは採用されなかった。4輪駆動システムも一新された。パナメーラと考え方を同じくする、前後の駆動力配分に機械式クラッチを用いたフルタイム4輪駆動システムである。

新型カイエン ターボ新型カイエン ターボ

昨年、911ターボで新たに採用されたPTVKも新たにカイエンに組み込まれることになった。

PTVKとは、「ポルシェ・トルク・ヴェクトリング」の頭文字で、エンジントルクを左右のホイールへ可変配分する機構である。ボディ全長は36ミリ、全幅9ミリ、ホイールベースは40ミリも延ばされたが、全高は5ミリ低められた。

その目的は車内スペースの拡大にあるようで、160ミリの前後スライドが可能になった後席と、120リットル拡大した荷室容積がその結果だ。

最も注目されるのは、各モデルともに180kgの軽量化を実現したことだ。主要構造部分へは軽量高張力鋼板を、ボディパネル、アクスル、ボンネット、ドアなどへはアルミ材が採用された。ハーネス類を減らし、素材や構造の吟味と変更も軽量化に一役買った。軽量化の結果、燃費は23%向上し、CO2排出量は26%削減された。

そして、380馬力相当を発揮するハイブリッドが新たに登場する。

ポルシェ カイエン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ カイエン の関連記事

ポルシェ カイエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ カイエン の関連記事をもっと見る

ポルシェ カイエン の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円