autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 最後の6気筒MRポルシェ、選ぶべきはどっちだ! ポルシェ ボクスター/ケイマンGTS 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/1/17 10:51

最後の6気筒MRポルシェ、選ぶべきはどっちだ! ポルシェ ボクスター/ケイマンGTS 試乗レポート(2/3)

関連: ポルシェ ボクスター , ポルシェ ケイマン Text: 大谷 達也 Photo: 島村栄二・ポルシェジャパン
最後の6気筒MRポルシェ、選ぶべきはどっちだ! ポルシェ ボクスター/ケイマンGTS 試乗レポート

”素”ケイマンとケイマンS、その違いはどこにある!?

ポルシェ ボクスター(6気筒2.7リッターNA)・ケイマンGTS(6気筒 3.4リッターNA) 試乗レポート/大谷達也ポルシェ ボクスター(6気筒2.7リッターNA)・ケイマンGTS(6気筒 3.4リッターNA) 試乗レポート/大谷達也

たとえば“素”ケイマンの1クラス上にあたる「ケイマンS」は、エンジン排気量が700cc大きくなって50psもパワーアップ。ハードになった足回りのおかげでより俊敏な走りができるけれど、コーナリング中の姿勢変化が小さくなった分、サスペンションがしなやかにストロークする“素”ケイマンよりも「いま、クルマの性能の何割くらいで走っているのか?」という感覚が掴みにくくなったように思う。

実は、私にとってここはかなり大切なポイントで、アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作が姿勢変化としてはっきり表れるクルマは自分のドライビングをチェックするには最適で、そういうクルマに乗り続けていると自然と運転が上手になると信じている。

つまり、“素”ケイマンはドライビング・テクニックを磨くうえでも効果絶大なのだ。くわえて市街地での乗り心地がいい点が私には大きな魅力となっている。

上には上がある! 「ケイマンGTS」には文句のつけどころがない

ポルシェ ボクスター(6気筒2.7リッターNA)・ケイマンGTS(6気筒 3.4リッターNA) 試乗レポート/大谷達也ポルシェ ボクスター(6気筒2.7リッターNA)・ケイマンGTS(6気筒 3.4リッターNA) 試乗レポート/大谷達也

ところが、“素”ケイマンの2クラス上にあたるケイマンGTSは、普段の乗り心地も“素”ケイマン並みに快適だし、ハンドリングはケイマンSよりもさらにシャープ。おまけにケイマンS用をベースにチューニングしてプラス15psの最高出力340psを獲得した3.4リッター水平対向6気筒エンジンは高回転域の吹き上がりが一層鋭さを増していて、背筋がゾクゾクするような快感をドライバーにもたらしてくれる。

つまり文句の付けどころがないのだけれど、その分、お値段は“素”ケイマンより300万円近くも高い915万円となる。

というわけで、ベーシックな“素”ケイマンで納得するか、乗り心地を多少犠牲にしてでも走りのいいケイマンSを選ぶか、乗り心地も走りもどっちもいいけれど値段も“素晴らしい”ケイマンGTSを奮発するか、実に悩ましい問題に直面することになる。

[ではクーペとオープン、どっちがいい!?・・・次ページへ続く]

ポルシェ ボクスター 関連ページ

ポルシェ ケイマン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ ボクスター の関連記事

ポルシェ ボクスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ ボクスター の関連記事をもっと見る

ポルシェ ボクスター の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円