autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ 911 タルガ 海外試乗レポート/九島辰也

試乗レポート 2014/4/19 05:11

ポルシェ 911 タルガ 海外試乗レポート/九島辰也(1/2)

ポルシェ 911 タルガ 海外試乗レポート/九島辰也

「ポルシェ 911タルガ」については、様々なイメージがあると思う。

カブリオレでもクーペでもない“それ”は、もしかしたら理解しがたい存在かもしれない。ただし、グローバルで言えばタルガは全モデルのおよそ「10%」。つまり、確実にファンを持つモデルである。さらにいえば、カブリオレと合わせたオープンモデルは全911シリーズの約「6割」を占める。

日本での911はクーペボディのイメージが先行しているが、グローバルマーケットでは“屋根開き”がメインストリームだ。さらに付け加えると、「タルガ」は911シリーズの中で古株となる。

タルガのコンセプトカーが登場したのは、およそ50年も前となる1965年のフランクフルトショー。911が発表された2年後。そして、製品化されたのは「1967年」。そう、タルガは911カブリオレよりもずっと旧くからラインナップの一角を担っている。

そんなポルシェ 911タルガのニューモデルが登場した。

目玉はそのルーフの形状で、これまでパノラミックガラスルーフだったトップはBピラーを持つソフトトップとなった。その姿はまるでナローボディの初代タルガ風で、どこかレトロ調にも見える。

ご存知のように、993型以降のタルガはパノラミックガラスルーフが採用されていた。

筆者も個人的に7年間、993型タルガを所有してきたが、カブリオレとは異なる奥ゆかしきオープンエアモータリングライフを楽しんでいた。

というのも、横から見たら屋根が開いているのかわからないのだから都合がいい。アンダーステイトメントな日本人のマインドには、ピッタリの“オープン加減”である。

パノラミックガラスルーフ機構の精度はモデルごとに進化し、997型ではモーターを小さくし、ガラス面を最適化した。もはや物理的にこれ以上ガラス面を増やせないところまできた。

ということで、新型は原点に戻ったことになる。そして997型で頂点まできたガラスルーフの開閉システムは、クーペモデルのサンルーフに持ち込まれることとなった。

新たに採用されたレトロ調タルガトップは、当時の“それ”とは明らかに異なる仕組みが用意されている。それは、開閉動作のすべてがオートで行われることだ。

911、930、964型では手動だった部分がスイッチひとつとなる。モーターが作動するとリアガラス部分が斜め後方に持ち上がり、その下にトップが収納される。プライスがプライスだけに、当然といえば当然かもしれないが、そこには開発陣のこだわりと新技術の搭載が備わる。

そのトップ部分は一枚の鉄板に幌を巻き付けたように見えるが、そんな簡単なものじゃない。

一連の動作を眺めているとわかるが2つに折られてから後方にしまわれる。その折れる部分はマグネシウムが使われているというから、技術陣のこだわりを感じた。上物をなるべく軽くしたいという意図がここにある。

ポルシェ 911カブリオレ 関連ページ

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911カブリオレ の関連記事

ポルシェ 911カブリオレの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911カブリオレ の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911カブリオレ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円