autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 991台限定!50年ぶりに復活した新型ポルシェ「911R」、これが名実ともに最上級の911だ! 2ページ目

試乗レポート 2016/9/2 19:41

991台限定!50年ぶりに復活した新型ポルシェ「911R」、これが名実ともに最上級の911だ!(2/4)

関連: ポルシェ 911 Text: 清水 和夫 Photo: ポルシェジャパン
991台限定!50年ぶりに復活した新型ポルシェ「911R」、これが名実ともに最上級の911だ!

911本来のソリッドなスタイル

ポルシェ 911R

用意されたテストカーは、シルバーカラーに幅が広いグリーンのストライプが2本入った仕様。白ボディに赤のストライプもあるが、個人的にはいかにも911Rだと言わんばかりのストライプはナシで乗りたいところだ。

しかし、固定式のリアスポイラーがどうしても目を引く911GT3RSよりもエクステリアはシンプルなので、911本来のソリッドなスタイルは強調されていていい。例えるなら、それはまるで枝葉が削ぎ落とされた、強くしなやかな檜(ひのき)の原木を見ているようでもある。

もちろんスポイラー付きのホットな911も悪くないが、911Rのスタリングはカラーリングを除けばGT3RSよりもすっきりしているから、必要以上に熱狂的なクルマ好きだと周囲にアピールしないところはいい。

GT3RSが欲しくても、見るからに戦闘モード全開のスタイルでは、どこか気恥ずかしいと思う人もいるだろう。何を隠そう自分もそのひとりで、この911Rのアピアランスであれば、周囲に変質的なクルマ好きだとバレずにすみそうだ。

0-100km/h加速3.8秒、最高速度は323km/h!

ポルシェ 911Rポルシェ 911R

コクピットは見慣れた911のそれだが、軽量化を狙ったカーボン製フルバケットシートがこのクルマの出自を物語る。座面にはタータン柄の布が使われ、1960年代に登場した初代911Rを彷彿とさせる。

この妙にアンバランスな素材の組み合わせに、50年という時代の流れと変化を感じることができた。

911シリーズの例に漏れずリアに搭載されるエンジンは、911GT3RSと同じ4リッター自然吸気のフラット6で、最高出力500ps/8500rpmを発生。最大トルクは460Nm/6250rpmというスペックだ。

リッターあたりに換算すれば、125ps/リッターを発揮する高性能ユニットで、0-100km/h加速タイムは3.8秒、最高速度は323km/hに達する。911GT3RSとの0-100km/h加速タイムが3.3秒、最高速度が310km/hというデータの違いも興味深い。

>>ポルシェ「911R」を写真でチェック(画像57枚)

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911 の関連記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円