autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ 911ターボ 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2006/5/23 10:20

ポルシェ 911ターボ 海外試乗レポート(2/3)

関連: ポルシェ 911 Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェ・ジャパン
ポルシェ 911ターボ 海外試乗レポート

“真のフラッグシップ911”の風格をも漂わせる洗練されたデザイン

というわけで、GT3のイベントに遅れる事1ヶ月半ほどで開催となったターボの国際試乗会に選ばれた地は、スペインはアンダルシア地方の中でも最も南に位置をするヘレスからジブラルタルにかけての周辺。ちなみに、“速いポルシェ”のイベントにはイタリアやスペインの地が好んで使われる…というのは過去にも何度か紹介をした事柄。GT3イベントには盛り込まれていたサーキット・セッションが今回は外されたのは、やはりクルマのキャラクターの違いを踏まえてのポルシェの戦略のひとつと言えるだろう。

高性能モデル特有のフロントの開口部の大きさが目立つ、遠目にはGT3のそれとかなり重複をすると思えたターボの顔付き。が、いざ近付いてみるとその表情はGT3よりもアグレッシブな雰囲気が幾分薄められ、「より洗練された真のフラッグシップ911」という印象が漂うものとも感じられた。

フロントエプロン左右両端にブリスター状にビルトインされたフォグライトと共に“ターボの顔”を特徴づけるのは、左右のインテーク内にまるでハンマーシャークのごとくデザインされたLED式ランプの存在。この部分はウインカーとしての機能を備えると同時に、両端の一灯はポジションランプとして点灯。先月お伝えしたアウディS6の“DRL”などと共に、フロントエンドに「見えるカタチ」でビルトインされるこうしたLEDランプの類は、ひょっとするとこれからの流行になるかも知れない。

一方、そんなちょっとおとなしい(?)フロントマスクに比べると、カレラ4譲りのワイドなリアフェンダー部分を中心にボディ・リアセクションの迫力はGT3のそれをも凌ぐ勢いだ。最大の効率でクーリングエアを取り入れる左右ドア後部に口を開いたインテークや、そんな吸気を今度は効率良く吐き出すためのリアタイヤ後方のアウトレット。そして、リアバンパーにビルトインをされたテールパイプなどが「走り去る911ターボ」の姿を強烈に印象づける。

やはりGT3のそれよりもアグレッシブさを抑えたデザインのリアスポイラーは2枚羽根タイプ。上部ウイングは120km/hに達すると35mm伸張し、80km/hまで落ちると再度格納されるという可動機構付き。その全幅は従来型ターボよりも30mmほどワイド化されたというものの、Cd値は0・31と変わらぬ値をマークする。

基本的には既存の911シリーズと変わらぬデザインのインテリアを備えるこのモデル。が、シートはもちろんダッシュボードやドアトリムなどに“全面レザー仕様”を標準とするのは、やはりこのバージョンがシリーズの頂点に立つものである事を明確にアピールしたいという意図もあるからだろう。13個のスピーカーと7チャンネルのデジタルアンプからなるBOSEのサラウンドサウンド・システムの他、ハンズフリー・テレフォンなどともリンクをしたナビゲーション・システムなどもヨーロッパでは標準装備となるが、残念ながら規格仕様の違いなどもあり例によってこちらは日本仕様では省略される見込みだ。

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911 の関連記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円