autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ 911ターボ 海外試乗レポート

試乗レポート 2006/5/23 10:20

ポルシェ 911ターボ 海外試乗レポート(1/3)

関連: ポルシェ 911 Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェ・ジャパン
ポルシェ 911ターボ 海外試乗レポート

GT3との同時リリースに込められたポルシェの自信

いわゆる“997型”と言われる最新ポルシェ 911シリーズの、バリエーション拡充の勢いが留まる所を知らない。

まずは全てのベースとなるカレラ・クーペ誕生の後、そこにオープンモデルの『カブリオレ』が追加。さらに、よりグラマラスな専用ボディを纏った4WDシャシーを用いる『カレラ4』とそのカブリオレのバージョンが加わったこの時点で、カレラ・シリーズはひとまずの完成を見る事になる。が、直後にブランニュー・モデルである『ケイマン』をリリースしたポルシェは休んではいない。そんな“弟分”とのキャラクター差別化をより鮮明にするかのごとく、今度は911に走りのパフォーマンスを大きくブラッシュアップさせたバージョンを追加という策に出た。そう、それが2006年春のジュネーブショーの舞台を飾った『GT3』と、『ターボ』登場のニュースというわけだ。

それにしても、こうして話題性を絶やさないようにと練りに練られたポルシェの新車デビューのシナリオの巧みさには舌を巻くばかり。GT3とターボを前述のように敢えて同時発表とした事も、デビュー後間もなく丸2年を迎え新車効果(?)が一段落という時期に差し掛かった997型モデルに対する走りのイメージをここで一気に高める戦略とも受け取れる。

もっとも、そんな走りのイメージリーダーの同時リリースという作戦は、一歩やり方を誤ればそのお互いのインパクトを消し去ってしまうという点で“もろ刃の剣”となる可能性を否定できないものでもある。実際、0→100km/h加速はGT3が4.3秒でターボ(MT仕様)が3.9秒。最高速は共に310km/hと、そのカタログデータは両車が極めて近い数値を競い合う。「一体どちらが『走りのフラッグシップ』なのか!?」と突っ込みを入れられかねないそんな2種類のホットモデルを同時に発表するのは、だから「得策ではない」と判断されても不思議ではないだろう。いや、大方の経営陣であれば話題性に富んだそうしたモデルは、何とか2度のモーターショーで話題を集める事が出来ないか、と画策するのが普通ではないか?

それを、この世界的には全く小規模なメーカーは、敢えてリスクを犯してまで何故同時リリースという方法に打って出たのであろうか。

「いや、だからこそこれもポルシェの練り込まれたシナリオなのだ」とぼくはそう思う。彼らはやはりきっと、2つの“スーパーモデル”による相乗効果を狙ったのだ。そして、そんな大胆な戦略をチョイスする事が可能になった理由はとなれば、それはもはやひとつしか考えられない。そう、ポルシェではGT3とターボというこの2台の走りのテイストが、「比較をしようもないほどにそれぞれが異質なものである!」という絶対の自信を備えているに違いがないという事だ。

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911 の関連記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円