autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ 911ターボカブリオレ 海外試乗レポート

試乗レポート 2007/7/1 18:16

ポルシェ 911ターボカブリオレ 海外試乗レポート(1/3)

関連: ポルシェ 911 Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェ・ジャパン株式会社
ポルシェ 911ターボカブリオレ 海外試乗レポート

鉄壁のトラクション能力+オープンエア・モータリング

フロントスタイル

「911ターボが世界中で大成功」、「史上最速の911」――そんなタイトルが与えられたポルシェからのプレスリリースが、先頃相次いで手元に届けられた。

前者はまさに読んで字の如し。すなわち、2006年の6月にヨーロッパからデリバリーが開始された現行(997型)の911ターボは世界市場での販売が好調で、2007年7月末までの納車台数はすでに6000台をオーバー。これは現在の911シリーズのおよそ6台に1台を占める“高率”で、すなわちこれが「世界中で大成功」、というフレーズの根拠となっている。

一方の「史上最速・・・」については注釈が必要。それは決して、スピード性能上での最速を示した言葉ではないからだ。実はこちらが示すのは、「10万台目となる現行型911が工場をラインオフ」というニュース。発売以来、わずかに3年強で10万台の大台を突破したというのは、これまでの歴代911シリーズの中にあっても最短の記録。それが“史上最速”というフレーズに結び付いているというわけだ。

いずれにしても、『911』というモデルはいつの時代になってもポルシェというブランドの真のイメージリーダー。それは、カイエンの販売台数が全体の過半に届こうとも、ボクスター/ケイマンの台数が急激な伸びを示そうとも、決して変わる事はないのである。

エンブレム

そんな997型911での最新バリエーションが、クーペバージョンのリリースから1年強を経て投入となったオープンボディのターボモデル=『ターボカブリオレ』。この新しいモデルのデビューは、1987年に初代ターボカブリオレが誕生をしてからちょうど20年目の出来事。そしてそんな初代モデルに敬意を表するかのように、この最新モデルにもソフトトップ式のルーフが再度採用をされている。

オープンボディとくればリトラクタブル式のハードトップ=そんな風潮が世界的流行を見せる昨今だが、「そうした凝ったシステムよりもシンプルなソフトトップ方式の方が、軽量さや低重心を可能と出来る点で911のようなスポーツカーには最適」というのが、今でも変わらぬポルシェ社の持論。そして、そんな911ターボカブリオレは現行911シリーズの中にあっても、ある面“頂点”へと立つモデルという事になる。

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911 の関連記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円