autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ 911GT2 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2007/10/22 20:32

ポルシェ 911GT2 海外試乗レポート(3/3)

関連: ポルシェ 911 Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェ・ジャパン株式会社
ポルシェ 911GT2 海外試乗レポート

スピード性能こそが売り物となるGT2

そんなGT2に乗ってアクセルペダルを深く踏み込むと、なるほどそこではちょっと目眩がするほどに強力な加速力を味わう事が出来る。

3.7秒と発表された0→100km/h加速のデータは、『ターボ』のそれとほぼ同タイム。が、それは『ターボ』がトラクション能力により長けた4WDシステムを採用する事によるスタート直後の一瞬の“マジック”によるもので、いざ走り出せばそこではより軽いボディによりパワフルな心臓を積み込んだこちらGT2が、徐々にリードを広げる理屈。実際、アウトバーン上でのテストドライブでは、大袈裟ではなく「250km/hはアッという間」という印象だったし、空いた区間がしばらく続いてくれれば300km/hの世界に達するのも時間の問題。そんな強力加速が、フルブースト・ゾーンに達する4,000rpmからレッドラインの引かれた6,800rpm付近までという幅広い範囲で続くのは、エンジン回転数への依存が強い典型的な“高回転・高出力型”の心臓を積むGT3とは好対照でもある。

一方で、2,000rpmにも満たない低回転域でも、不平を言う事もなくそれなりのトルクを発してくれるのは、可変バルブ・タイミング&リフト機構の“バリオカム・プラス”や、『ターボ』同様の可変ジオメトリー・ターボを採用する威力の現われだろう。

もちろん、ここでも『ターボ』比で150kg近くも軽い重量も効いている事は間違いない。何しろ、3.6リッターの6気筒エンジンを積むこのサイズのモデルとして、1.4トンそこそこという重量は「驚異的に軽い!」と言えるもの。530psエンジンと相まってウエイト/パワー・レシオ2.72kg/psという驚きのデータを叩き出す要因のひとつであるこの軽さは、フル加速時のみならず街乗りシーンでも大いに効果を発揮するのだ。

余りにも鮮烈・強烈な動力性能に目を奪われがちだが、正確無比なハンドリングも当然GT2の売り物のひとつ。230km/h付近から上の速度に達すると、どことなく自らの車線の中を“泳ぐ”ような感覚に見舞われるところは、4WDの『ターボ』には敵わないポイント。

が、それを除けば確かにダウンフォースが効いている事を実感出来る接地感の色濃さもコーナリング時の安定感の高さも間違いなく一級品だ。歴代GT2としては初めて、スタビリティ・コントロール“PSM”が標準採用されたが、通常のスイッチON/OFF状態に加え、そこにトラクション・コントロール機能のみをカットするポジションが用意されたのがGT2らしい。今回のテストルート上にはそれを存分にチェック出来るようなポイントは用意をされていなかったが、サーキット上で最終的なスピンのリスクだけは回避しながらスポーツドライビングを楽しみたい、といったシーンでは、このGT2独自のポジションが大いに役に立つ事だろう。

共にサーキット・ユースを強く意識しながらも、敏捷でシャープな感覚に溢れた走りを得意とするGT3に対して際立つスピード性能こそが売り物となるGT2――911シリーズに用意をされた“2種類のGT”には、そんなキャラクターの違いを明確に見る事が出来るのだ。

筆者: 河村 康彦

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911 の関連記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円