autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 新開発の4気筒ターボエンジンを搭載したポルシェ 新型718ボクスターが遂に登場!

新型車リリース速報 2016/6/2 12:59

新開発の4気筒ターボエンジンを搭載したポルシェ 新型718ボクスターが遂に登場!

新開発の4気筒ターボエンジンを搭載したポルシェ 新型718ボクスターが遂に登場!

ポルシェ ジャパンは6月1日(水)、2月1日より予約受け付けを開始した新型「718ボクスター」および「718ボクスターS」の発表会を開催した。

4代目となる新型ボクスターは、1950~1960年代にルマンやタルガフローリオなどのスポーツカーレースやヒルクライムで活躍した水平対向4気筒エンジンを搭載する「718」へのオマージュからそのネーミングが与えられたモデル。

ポルシェ 718ボクスター発表会
ポルシェ 718ボクスター発表会ポルシェ 718ボクスター発表会

発表会では、ポルシェのスポーツカーメーカーとしてのフィロソフィーと共鳴する、現状に満足することなく挑戦し続けるトップアスリートとして『ポルシェドライビングアスリート』に就任したオーストリア・ブンデスリーガのFCレッドブル・ザルツブルクで活躍する南野拓実選手がサプライズゲストとして登壇した。

南野選手は新型718ボクスターについて、「格好良いですね、やっぱり。今にも動き出しそうな躍動感あるデザインに僕は目がいきますね。自分でも運転してみたいです。」とコメント。

自身もサッカー好きと語ったポルシェ ジャパン株式会社 七五三木 敏幸社長は、南野選手のポルシェドライビングアスリート就任について、「大柄なヨーロッパ人のディフェンスの間をすり抜けていくという、そんな躍動感と俊敏性とスピードが、まさにボクスターだなと思います。ボクスターを若い男にしたら南野さんのようになるのではないかというくらい本当にマッチしています。」と、南野選手のプレースタイルを交え終始笑顔で述べた。

これに対し南野選手は、「718ボクスターは俊敏なスポーツカーというイメージで、それは僕のプレースタイルの特徴でもあるんですけど、そういうところは共通点になるかなと思います」と応じ、「俊敏性であったり、そういう共通点であるところを、これからももっと伸ばして成長していき、この718ボクスターがもっと似合うような選手になっていきたいと思います」と今後の抱負を述べた。

ポルシェ 718ボクスター発表会ポルシェ 718ボクスター発表会ポルシェ 718ボクスター発表会ポルシェ 718ボクスター発表会ポルシェ 718ボクスター発表会
ポルシェ 718ボクスターS
ポルシェ 718ボクスター

今回発表された新型718ボクスターは、先代「981」の水平対向6気筒から新たに水平対向4気筒にライトサイジングされたエンジンが搭載されている。「718ボクスター」では、300PS/380Nm(先代比35PS/100Nm増)を発揮する2.0リッターターボを、「718ボクスターS」は350PS/420Nm(先代比35PS/60Nm増)を発揮する2.5リッターターボを搭載し、それぞれに6速MTまたはオプションで7速PDKを設定する。

ポルシェ 718ボクスター
ポルシェ 718ボクスター
ポルシェ 718ボクスターポルシェ 718ボクスター

エクステリアは、フロントフードとフロントウインドウ、ソフトトップのみが先代から受け継がれ、その他の部分は一新。

フロントマスクでは、エアインテークが大型化され、低くなったノーズはより路面に貼りつくような印象を与える。また、ヘッドライトには新しいデザインのバイキセノンヘッドライトが採用され、オプションにはボクスター初となる四灯式のLEDライトを設定。ボディーサイドは、フェンダーやサイドシルの形状を変更し、2つのフィンを備えた大型エアインレットパネルを採用し、リアまわりはテールライトのデザインを変更したほか、左右のテールランプをつなぐように「PORSCHE」のロゴが入ったアクセントストリップを配している。

ポルシェ 718ボクスターSポルシェ 718ボクスターSポルシェ 718ボクスターSポルシェ 718ボクスターSポルシェ 718ボクスターS
ポルシェ 718ボクスターS
ポルシェ 718ボクスターS

インテリアは、新デザインのダッシュボードパネルを採用。

そのほか、「918 スパイダー」と同デザインの直径375mmのスポーツステアリングホイールを装備するほか、インフォテインメントシステムにはオプションでオンラインナビゲーションやWi-Fi ホットスポット、Apple CarPlayなどの機能が追加可能な「ポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)」が採用されている。

販売価格(消費税込)は、「718ボクスター」が658万~710万4000円、「718ボクスターS」が852万~904万4000円で、6月末~7月上旬にかけてデリバリー予定。

ポルシェ 718ボクスター発表会
ポルシェ ジャパン株式会社 七五三木 敏幸 代表取締役社長

七五三木 敏幸社長は発表会で、「昨年度はボクスターを約700台販売しましたが、新型718ボクスターは素晴らしく魅力的な車なので昨年度以上の実績を必ず上げたいと思っています。」とコメント。

また、日本市場おいてのライバル車種については、「同セグメントのメルセデス・ベンツ『SLK』、それからBMWではもちろん『Z4』が我々の最大の競合相手ですが、昨今でいうと『M2』が出てきて、こちらも我々としては非常に関心があります。また、アウディではグループ会社ではありますが、もちろん『TT』といったあたりが、輸入車の中で主だった競合相手になります。国産車では、若干コンセプトが異なるものもありますが、例えばレクサス『RC F』や、日産ではトップエンドモデルではありますが、『GT-R』あたりも我々としてはライバルという意味で、日本のマーケットでは非常に視野を広くとらえ、今回の718ボクスターをお客様の中で比較対象に是非して頂きたいと考えています。」と述べた。

ポルシェ 718ボクスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 718ボクスター の関連記事

ポルシェ 718ボクスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 718ボクスター の関連記事をもっと見る

ポルシェ 718ボクスター の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円