autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 508 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2011/3/7 15:56

プジョー 508 海外試乗レポート(3/3)

関連: プジョー Text: 河村 康彦 Photo: プジョー・シトロエン・ジャポン
プジョー 508 海外試乗レポート

これってハイドロサス?予想と期待を遥かに超える「快適性」

プジョー 新型508

しかし、そんな508での“真の驚き”は、実際に走り出した後のシーンに集約されていた。

何故ならば、このモデルの走りのテイストは、特に静粛性や乗り心地といった『快適性』の項目が、事前の予想と期待を遥かに超えたものであったからだ。

路面のうねりをしなやかに吸収しつつ、そんな路面変化に対して積極的にサスペンションをストロークさせながら高いフラット感を演じるかのようなフットワークのテイストは、一瞬「これって、“ハイドロサス”?」と錯覚を抱かせるかのよう。

それはまるでC5やC6といったシトロエン上級モデルのお株を奪ってしまうかの出来栄えで、路面パッチを通過した際などの高周波振動の処理の仕方は、こちらの方が上と感じられるくらいだ。

加えて、ロードノイズの小ささが“圧倒的”で、それがまたプジョー車らしからぬ(?)静粛性と走りの上質感をもたらしている。

プジョー 新型508

少なくとも、日本でも使う速度を上限とした範囲内であれば、プジョーらしく自在で正確なハンドリング感覚に加え、「ベスト in クラス」と呼べる乗り心地の良さと静粛性の高さを誇るのがこのモデルなのだ。

一方、0~100km/h加速は10秒弱、最高速は220km/h前後とカタログ上では十分なスペックを謳っているものの、1.6リッターターボの心臓はエンジン回転数が大きく下がると、そこからのトルクの回復にはやや手間取るシーンも見られた。

あるいは、このあたりはトルクコンバーターの助けが期待出来るAT仕様の方が有利なポイントかも知れない。ここは、改めて日本仕様に触れる事が出来る日が楽しみなところだ。

いずれにして、どこをとっても「期待と予想以上」と賛辞を送る事が出来るのが508というモデル。日本向け仕様は、サルーンとSWが揃って今年半ばでのリリースが予定されている。

筆者: 河村 康彦
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー の関連記事

プジョーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー の関連記事をもっと見る

プジョー の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円