autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー RCZ 海外試乗レポート/西川淳 3ページ目

試乗レポート 2010/5/20 13:44

プジョー RCZ 海外試乗レポート/西川淳(3/3)

関連: プジョー Text: 西川 淳 Photo: プジョー・シトロエン・ジャポン
プジョー RCZ 海外試乗レポート/西川淳

RCZでも健在の「猫足」

プジョー RCZ

試乗したのは、日本でも期待の「200bhp版ガソリンターボ+6MT」と、日本に導入予定のない「ディーゼルターボ+6MT」だ。

欧州車のデビュー試乗会の場合、向こうでニーズの高いディーゼル車も試すことができて、大抵の場合そっちの方がいいという結論になったりするものだが、RCZは違った。

ディーゼルなんかよりガソリンターボの方がずっといい!!

理由は簡単。パワーユニットだけを評価すれば、ディーゼルターボは確かにトルクも十二分で力強く、とても満足できるものだったが、いかんせん前が重い。

実際、スペックを見比べてみると、200bhpガソリン車に比べてディーゼル車は70キロ程重いのだ。

いかに脚造りの上手いプジョーでも、後ろが軽いこの手のスポーツモデルでは、そのほぼ全量が前での違いとなると、その差を誤摩化すのは難しかったようだ。

プジョー RCZプジョー RCZ

ハンドリングのしなやかさといい、タウン速度域での質感といい、高速走行時の手応えといい、あらゆる場面でガソリンターボの方が良かった。小径ステアリングホイールによるフィールの違いも相乗的に利いている。

その200bhp仕様だが、トップエンドでの伸びこそイマイチだがパワフルさは十分。できれば最新のダブルクラッチシステムで乗りたいところだが、それはもう少し先の話。

2速でもう少し引っ張れるともっと楽しいところだが、3速がそのぶんかなり下からカバーしているので、ヨーロッパの道では使いやすかったが、さて日本ではどうだろうか。

例のサウンドシステムによる排気音の演出は、やや古くさい音ながら、なかなか迫力があって、ドライバーをやる気にさせる。いよいよこのクラスにも“音”で引きつける試みが始まった。

最高だったのは、やはりシャシーである。柔らかめだが踏ん張りが利いていて、コーナリングの最中が気持ちいい。荷重移動をきちんとこなせれば、かなり面白く走らせることもできる。走りと乗り心地の絶妙なバランス。もちろん猫足は健在、と言っておく。

プジョー新時代の幕開けを告げるにふさわしいモデル「プジョー RCZ」。

アウディTTのように走れ、ミニのようにカスタマイズする歓びがあり、その上で誰にも似ていない雰囲気がある。これからのコンパクトカーが進むべき方向性のひとつが見えた。

筆者: 西川 淳
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー の関連記事

プジョーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー の関連記事をもっと見る

プジョー の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円