autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー RCZ 海外試乗レポート/西川淳 2ページ目

試乗レポート 2010/5/20 13:44

プジョー RCZ 海外試乗レポート/西川淳(2/3)

関連: プジョー Text: 西川 淳 Photo: プジョー・シトロエン・ジャポン
プジョー RCZ 海外試乗レポート/西川淳

コンセプトカーそのままの魅力的なデザイン

プジョー RCZ
プジョー RCZプジョー RCZ

プジョー RCZの最大の見所がエクステリアデザインにあることは、異論の余地はない。だからこそ、コンセプトカーほぼそのままのデザインで市販化されている。

逆にいえば、コンセプトカーのカタチで人々を魅了したぶんだけ、市販化には困難が伴ったはず。

なぜなら、人々はそのカタチにフツウではないものを見てとったから熱く反応したのであり、フツウでないということは他メーカーが諦めているシルエットやディテールを有するということを意味しているからだ。

プジョー RCZ
プジョー RCZプジョー RCZ

特に注目したいのは、ダブルバブルルーフからそのまま峰を保ったままリアウィンドウへと流れているところと、メタルに輝くサイドウィンドウアーチである。

この二ヶ所のアピールポイントに、広げられたトレッドとそれを覆うワイドフェンダー、二段階速度感応式のリアスポイラーなどが加わって、プジョー RCZはとびきりにスペシャリティで存在感のあるモデルとして仕上がった。

実物を見た感想は“格好いい”のひとこと。とにかく、リアセクションの出来映えが素晴らしい。ややポルシェボクスターを平板にしたような感じかなあ、とも思ったものの、このクラスとしては相当にインパクトのあるカタチだ。

アーチ部分のカラーもいくつか用意されているので、日本仕様でも選べたりすると嬉しいのだが・・・。

例の仰々しいプジョー顔とのコンビネーションが好みの分かれるところだが、こういうクルマは個性やユニークさが第一。1,000人中1人でも大いに気に入って買ってくれれば大成功なのである。

プジョー RCZ
プジョー RCZプジョー RCZ

インテリアも、エクステリアほどではないにせよ、スペシャリティカーらしい仕立てだ。

着座位置は低く、専用シートはスポーティさとラグジュアリーさを両立したデザインとなっている。ソフトな素材でダッシュボードを包むあたりもスペシャルだが、望めばナッパレザーのフルトリムも可能というから、このクラスにしてはかなりの贅沢仕様も作れそう。

また、200bhpモデルにはスポーツパックを標準で装備。小径ステアリングホイールにスポーツタイプシフトレバー、そして“サウンドシステム”と呼ばれるエグゾーストノート演出装置が備わっている。

実用性にも配慮した。リアシートこそ、子供でも嫌がるエマージェンシー用な狭さだが、ラゲッジルームはそれなりに使える。席をそのままにして384リッターだが、どうせ使えない後席はいっそ倒してしまえということであれば760リッターもの容量を確保している。

プジョー RCZプジョー RCZプジョー RCZプジョー RCZプジョー RCZ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー の関連記事

プジョーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー の関連記事をもっと見る

プジョー の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円