autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー RCZ 試乗レポート

試乗レポート 2010/9/10 14:08

プジョー RCZ 試乗レポート(1/2)

関連: プジョー RCZ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
プジョー RCZ 試乗レポート

この造形と存在感だけでRCZを買いたくなる

プジョー RCZ
プジョー RCZプジョー RCZ

プジョー RCZは、新しいこと尽くめだ。

見ての通りのスタイリッシュな2ドアクーペであること、「207」や「3008」などといった3ケタや4ケタの数字を組み合わせた車名ではないこと、他のどのプジョー車とも関連を持たない(今のところ)特別なシリーズであるということ、新しいプジョーのロゴマークが採用されている等々。

見ての通り、RCZはコンセプトカーがそのまま市販車になったような思い切ったカタチをしている。

RCZは、2007年のフランクフルト自動車ショーにコンセプトカーとして初めて世に出て、その後の何度かのモディファイを経て、市販化となった。

最近のクルマの中で、ここまでコンセプトカーの造形を残して市販化されたクルマも珍しい。近付いて見ると、その驚きはさらに強くなっていく。

プジョー RCZ

「アルミニウムアーチ」と呼ばれるアルミのモールディングがAピラーの付け根からCピラーの付け根まで、グルッと半周している。ポルシェ911タルガ4/4Sと同じアイデアが用いられているが、サイドウィンドウの形状との対比が鮮烈で、RCZの方がよく目立っている。

後ろに回って、さらにビックリ!「ダブルバブルルーフ」と呼ばれ、ガラスルーフがこんもりと左右席分ふたつ膨れ上がっているのだ。

ガラスルーフはそのままリアガラスと一体化されて、バブル状の膨らみがなだらかに連なっている。真後ろから見ると、F15戦闘機のキャノピーのように見える。

プジョー RCZ

とても個性的で、何のクルマにも似ていない。フロントフェイスこそ、208や308などの現行プジョーそのもので凡庸だが、サイドビューとクオータービュー、それにバックビューはアバンギャルドで際立っている。

この造形、この存在感だけでRCZを買いたくなる。

RCZが清々しく見えるのは、過去の自社のクルマのデザインをセルフサンプリングしていないことだ。

過去のデザイン・ディティールを“ヘリテイジだ”、“DNAだ”と引用して盛り込むレトロ調は、見る者に心地良く、批評を封じ込めるからマーケティング担当者は安心できるが、新しいものは何も生み出さない。ユーザーをナメた、チャレンジなきマーケティング先導型デザインでしかない。

プジョーと同じグループに属するシトロエンも、“DS”というかつての栄光ある車名を蘇らせた「DS3」を製造しているが、車名だけに留めているのは見識だ。

シトロエンといい、プジョーといい、過去を振り返らず、未来に向き合っているのは大いに頼もしい。

プジョー RCZプジョー RCZプジョー RCZプジョー RCZプジョー RCZ

プジョー RCZ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー RCZ の関連記事

プジョー RCZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー RCZ の関連記事をもっと見る

プジョー RCZ の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円

  • プジョー

    新車価格

    357万円429万円