autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 508 試乗レポート/松田秀士 3ページ目

試乗レポート 2011/7/20 15:46

プジョー 508 試乗レポート/松田秀士(3/3)

関連: プジョー 508 , プジョー 508SW Text: 松田 秀士 Photo: オートックワン編集部
プジョー 508 試乗レポート/松田秀士

ライバルを超えたコストパフォーマンスとその完成度

電動スイッチ式のサイドブレーキを解除して、Dレンジにシフト。

アクセルを踏み込むと何の苦もなくスルスルと走り出す。ターボ圧が低回転から立ち上がってトルクの不足感はない。

プジョー 508SW

試乗会場が小渕沢というロケーションゆえアップダウンが多く、驚くほどパワフルとは感じられないが、これなら十分。ただ、SWで多人数フル積載となるともう少し力が欲しいところだ。しかし、それを求めれば燃費を犠牲にする必要があるだろう。

ボディに対してジャストパワーと表現して良いが、エンジン回転のフィーリングは振動もなくスムーズだ。

特に、ATモードでアクセルを全開にした時、レッドゾーンの6,300rpmまできっちり使い切ってシフトアップするプログラミングにスポーツ性を感じる。その気になれば、パドルシフトを使ってのスポーツドライブも可能だ。

そして、走り出してシートの感触がすごく良いことに気づく。

特にエントリーモデルのAllureに装備されるファブリックシートが気に入った。ランバーの調整も効き、座面からお尻背面にストレスを感じないのだ。

さらに、視界が良いのでシートに負担を強いらない。508は欧州車のほとんどのモデルよりも明らかにダッシュボードのトップが低い。そのために前方視界がとても良く、左右を含めた前方向の見切りが良い。

欧州車のダッシュボードが高い理由は、衝突安全と歩行者傷害保護。これによってフロントバルクヘッドの位置が高く設定しているのだ。高くしなくとも、この2つの安全性をクリアする508の剛性とデザイン力は評価できる。他にも、室内の静粛性の高さに感心した。

プジョー 508プジョー 508

さて、気になるハンドリングだ。

AllureとGriffeではタイヤサイズの違いもあり、サスペンションがよりしっかりした方向にセットされているのがGriffeだ。主にフロントのスタビライザーが太くなっている。データは存在しないが、ボクの個人的な評価ではセダンとSWとで明らかに差がある。

SWはセダンに比べ若干ボディ剛性が緩く、それに合わせてサスペンションもソフトだ。しかし、こちらの方が個人的には好きで、よりプジョーらしい足さばきだ。

欧州車に試乗するとき「締まりのあるよく動くサスペンション」等と評価するが、508SWを敢えて言うなら「締まりのないよく動くサスペンション」なのだ。

ステアリングを切った初期からスッと沈み込む。そのため、ステアリングのニュートラル域には最近のモデルにはない緩さが存在する。この感覚もプジョーらしくて大好きだ。

でも、ロールの中期から徐々に締まりが出て、フルバンプではしっかりとバンプラバーに乗り、タイヤのグリップを感じる。セダンは、これに対して初期がもっと締まっているしステアリングの緩さも少ない。

私のお勧めはSWだが、緩さを好まないならセダンが良いだろう。

コストパフォーマンスと完成度、そして使い勝手を考えればライバル独車を超えているかもしれない。

プジョー 508SWプジョー 508SWプジョー 508SWプジョー 508SWプジョー 508SW
筆者: 松田 秀士

プジョー 508 関連ページ

プジョー 508SW 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 508 の関連記事

プジョー 508の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 508 の関連記事をもっと見る

プジョー 508 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円