autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 「本気のグランツーリスモ」プジョー 508/508SW GT BlueHDi(クリーンディーゼル) 試乗レポート

試乗レポート 2016/8/4 17:00

「本気のグランツーリスモ」プジョー 508/508SW GT BlueHDi(クリーンディーゼル) 試乗レポート(1/4)

関連: プジョー 508 , プジョー 508SW Text: 森口 将之 Photo: 小林岳夫
「本気のグランツーリスモ」プジョー 508/508SW GT BlueHDi(クリーンディーゼル) 試乗レポート

筆者が初めて体験したプジョーディーゼルは504だった

プジョー 508/508SW GT BlueHDi(クリーンディーゼル) 試乗レポート/森口将之

僕にとって初めてのプジョー体験は、ここで紹介する508/508SW GT BlueHDiのルーツにあたる、504ディーゼルの後席だった。晴海で開催されていた頃の東京モーターショーで、輸入車の同乗試乗会が行われていて、そこで体験できたのだ。

>>PEUGEOT 508/508SW GT BlueHDi 画像ギャラリー

自分にとって初のフランス車体験でもあった504は、音は当時のトラックそのものだったけれど、走り始めるとけっこうスムーズ。加えてふっかり心地よいシートとソフトなサスペンションに圧倒された。こういう世界があるんだと驚いた。

フランスらしい石畳の道を絶妙にいなす猫足ぶりに感銘

プジョー 508/508SW GT BlueHDi(クリーンディーゼル) 試乗レポート/森口将之

その後社会人になり、今の業界に潜り込んで、気が付けば毎年のようにフランスに行くようになると、今度はタクシーの乗客として、このクラスのプジョー・ディーゼルに接する機会が何度かあった。

ガラガラやモクモクはすでになく、車内にいるとガソリン車とさほど変わらない。運転していなくても力強さが分かる。乗り心地は504ほどソフトではなかったけれど、石畳の凸凹を絶妙にいなしながら進む感触は、まさにネコ足だった。

508GTは「本気のグランツーリスモ」

プジョー 508/508SW GT BlueHDi(クリーンディーゼル) 試乗レポート/森口将之

そして5年前。スペインで行われた508の国際試乗会では、ドライブする機会に恵まれた。そこでラインナップを見て驚いた。ガソリン車は日本にも導入している1.6リッターターボだけだったのに対し、ディーゼル車は複数の排気量が用意され、最大排気量にはGTの名が与えられていたのだ。

ヨーロッパでのプジョーはディーゼル車が主力で、経済性だけでなく高性能もウリであることが分かった。乗り比べると、ガソリン車よりはるかに力強い。しかもGTだけは、フロントサスペンションをマクファーソンストラットからダブルウィッシュボーンに変えていた。本気のグランツーリスモだったのだ。

プジョー 508 関連ページ

プジョー 508SW 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 508 の関連記事

プジョー 508の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 508 の関連記事をもっと見る

プジョー 508 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円