autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 308CC 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/7/9 16:12

プジョー 308CC 試乗レポート(2/3)

関連: プジョー 308CC Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
プジョー 308CC 試乗レポート

気持ちいいフィーリングのマニュアルシフト

プジョー308CC
プジョー308CCプジョー308CC

実際に走った印象も、従来と一線を画するものとなっていた。

シフトチェンジは極めて素早くスムーズ。ロックアップ領域が増えたおかげでダイレクト感も備わり、これまでのルーズな感覚とは大違い。マニュアルシフトを試みたときのフィーリングもとても気持ちいい。

そもそも6速と4速とでは、シフトチェンジの選択の幅が大差があるので、マニュアルシフトが“使える”感覚がまるで違う。また、速度が遅くなると自動的にシフトダウンし、エンジンブレーキを効かせつつ次の加速に備える。いかにも欧州車的な制御も備えている。

上り勾配で、従来はなかなかダウンシフトしてくれなかったシチュエーションでも、的確にダウンシフトするようになった。また、ターボエンジンというのは、ブーストの具合によって大きく特性が変わる。その影響を小さくするには、ブーストの落ち込みができるだけ小さくなるよう、シフトチェンジに要する時間は短いほうがいいし、ギアは細分化されているほうが都合はよい。

パワーアップしたエンジンに、それをより巧く引き出すことのできるATが組み合わされたことで、よい相乗効果が得られている。冷静に考えると、良くなったことのうち半分ぐらいは、最近の日本のAT車ではごく普通に行なわれているわけだが、その快適さを308CCも身につけたことを喜ぶべきだろう。

フットワークについて、そういえば最近のプジョー車は軒並み「猫足」というよりも、ドイツ車的なシュアで引き締まった乗り味に変化してきたように感じることが多いのだが、308CCもどちらかというとその方向にあると感じる。ただ、当初の308CCは、もう少しツンツンとした乗り心地のように記憶していたところ、今回乗った308CCは幾分しなやかで、また動きの一体感が増すなど、微妙にフィーリングが変わったように感じられたのは気のせいか。

プジョー側からは特に変更のアナウンスは出されていないが、なんらかのランニングチェンジが行なわれたのかもしれない。

プジョー 308CC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 308CC の関連記事

プジョー 308CCの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 308CC の関連記事をもっと見る

プジョー 308CC の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円