autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 新型308・308SW 試乗レポート/今井優杏 3ページ目

試乗レポート 2015/1/21 20:10

プジョー 新型308・308SW 試乗レポート/今井優杏(3/4)

関連: プジョー 308 , プジョー 308SW Text: 今井 優杏 Photo: 阿部昌也
プジョー 新型308・308SW 試乗レポート/今井優杏

「硬質でレーシング」なエッジの立ったインテリア

プジョー 新型 308SW「Cielo(シエロ)」試乗レポート/今井優杏プジョー 新型 308SW「Cielo(シエロ)」試乗レポート/今井優杏

乗り込めばかなりシャープでエッジの立った男っぽいインテリアが迎えてくれる。

シトロエン 新型「C4ピカソ」は同じプラットフォームを有しているが、趣は同じフレンチでも相当違う。プジョーはもっと硬質でレーシングなのだ。メタルを多用したメカメカしい仕上げはいかにも“走り”を強調する近年のプジョーらしい演出だ。

きゅっと小さめの、まるでフォーミュラカーかラリーカーか、といったイメージの小径ステアリングホイールも個性的だし、エンジンに火を入れればインパネ内のタコメーターが、通常とは逆回転に、アウト側からぐるんと回る。インパネのレイアウト上、低回転域の視認性を上げるためだそうだが、スピードメーターが左から回転し、タコメーターが右から回転して双方の針が真ん中に向けてスピードとともに向かい合ってくる様子は、ふとメーターに視線を落とすたびにドキっと心臓を震わせる面白い演出だと感じた。

これがホントに3気筒 1.2ターボ!?

プジョー 新型 308SW「Cielo(シエロ)」試乗レポート/今井優杏プジョー 新型 308「Premium(プレミアム)」試乗レポート/今井優杏

走り出せばやはり驚くのはしっかりと膨らむトルクである。

もうダウンサイジングエンジンに対して『まるで○○リッターとは思えない加速』なんて常套句は出来ればあんまり使いたくはないんだけど、やっぱりそう思っちゃうのはしょうがない。だってこのボディサイズをわずか1.2リッターターボが引っ張ってくれるのだもの! そう思ったらやおらありがたみが増してしまうくらい、普段は1.2リッターというエンジンサイズを忘れてしまうパワフルさが心地いい。

試乗ステージは箱根で、しかも雨がそぼ降る中に開催されたのだが、細かに入り組んだ別荘地の急勾配を、私含めて大人3人+カメラ機材をわんさか載せて、がしがしワシワシ進んでいくその余裕の登坂力は、相当頼りがいのあるものだった。

それだけエンジンに無理をさせれば車内の静粛性に影響が出そうだが、実に感動的に静か。これなら高速道路で長時間クルーズするのも快適だろう。

[プジョーの真骨頂”アシ”はどうなった!?・・・次ページへ続く]

プジョー 308 関連ページ

プジョー 308SW 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 308 の関連記事

プジョー 308の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 308 の関連記事をもっと見る

プジョー 308 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円