autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 新型 308・308SW 速攻試乗レポート/河口まなぶ 2ページ目

試乗レポート 2014/10/3 10:18

プジョー 新型 308・308SW 速攻試乗レポート/河口まなぶ(2/3)

関連: プジョー 308 , プジョー 308SW Text: 河口 まなぶ Photo: オートックワン編集部
プジョー 新型 308・308SW 速攻試乗レポート/河口まなぶ

堂々たるボディに1.2リッター3気筒エンジンの組み合わせ!

プジョー 新型 308 Allure(アリュール)[ボディカラー:リオハ・レッド(特別色)]

新型プジョー 308はゴルフクラスのボディサイズを持っているが、それでも先代の308よりは全長・全高ともにダウンサイジングされた。とはいえ先述した通りの内外装ゆえに、写真で見るよりも遥かに立派なオーラを放っている。

だから搭載エンジンが1.2リッター 3気筒と聞くと若干心配になる。いやもちろんライバルのゴルフも1.2リッター(4気筒)があるが、やはり中心は1.4リッターだけに、1.2リッターのみのラインナップとなるプジョー308は大丈夫か? と思うのが本音。特にワゴンモデルの「308SW」なんて、決して小さいとはいえないボディサイズとなる。そう考えると、ますます心配となったわけだ。

プジョー 新型 308 Cielo(シエロ)

しかし勘の良い方はお察しの通り、1.2リッターで全然力不足は感じなかった。

いやむしろ本当に1.2リッターなのか? と思うくらいは力強さを感じる。アクセルを踏み込めばしっかりと前に押し出される。最高出力130ps、最大トルク230N・mという数字以上の性能を感じる、といっても良いだろう。

乗れば存分に「フランス」を感じさせてくれる

プジョー 新型 308 Allure(アリュール)[ボディカラー:リオハ・レッド(特別色)]プジョー 新型 308SW Premium(プレミアム)

今回の試乗車はまだナンバーがついていない状態だったので、袖ヶ浦フォレストレースウェイのキレイなサーキット路面でのみで走らせた。つまり現実の世界から比べれば、快適性能に関しては好条件であることを前提としていただきたい。ただし、クルマにかかる入力と負荷は通常の道路では実現できないほどハードな状況も含まれるため、運動性能に関しては限界域まで探ることができた。そうした上での印象は、ひと言で表現するとこうだ。

中身には存分にフランス車が感じられる!

というもの。そう、先に記した内外装とは裏腹に走りはビックリするくらい「フランス車」していたのだった。

[「フレンチ」な走りとは?・・・次ページへ続く]

プジョー 308 関連ページ

プジョー 308SW 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 308 の関連記事

プジョー 308の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 308 の関連記事をもっと見る

プジョー 308 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円