autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 3008 ハイブリッド4 海外試乗レポート/西川淳 3ページ目

試乗レポート 2011/10/2 00:00

プジョー 3008 ハイブリッド4 海外試乗レポート/西川淳(3/3)

関連: プジョー 3008 Text: 西川 淳 Photo: プジョー・シトロエン・ジャポン
プジョー 3008 ハイブリッド4 海外試乗レポート/西川淳

スポーツモードの力強い走りでも十分な燃費を叩き出す

プジョー 3008 HYBRID 4プジョー 3008 HYBRID 4

走行モードは4種類、用意されている。 最も燃費を稼ごうと思えば、クルマ任せの“オート”モードがいいらしい。実際、市街地での走行においては、半分以上のタイミングでエンジンが止まっていた。

プジョーによれば、最大2/3の時間でエンジンが停止するといい、単なるアイドリングストップ付きのパワートレインに対して、倍の燃費を叩きだすという。

“ZEV”モードでは、いわゆる電動走行モードで、後輪のみが駆動する。最高70km/hで最長4kmのEV走行が可能で、バッテリー容量が足らなくなれば、自動的にオートへと切り替わる。

“4WD”モードは、悪天や悪路で四輪駆動走行を積極的に使いたいときのためのモードだ。最大で駆動力の4割がリアへ移動する。必要に応じて、大型オルタネーターからも電力を供給するため、バッテリーに対して厳しい状況であっても、優先的に4WD走行を活用できるという仕組みだ。

そして、最後に“スポーツ”モードである。

アクセルペダルのマッピングが変わって、より高回転域で変速し、変速スピードも早い。ディーゼルユニットに電動モーターのパワーがブーストされ、アグレッシブな走りが楽しめるというわけだ。

筆者は試乗会の行程中、ほとんどをスポーツモードで過ごした。

EVモードは一度試せば判るし、オートモードの制御も低速域を除いてなかなか上手くやっていることも分かった。常時モードではない4WDモードの力強さも一度体感すれば十分。味わいつくすならばスポーツだろう、というわけだった。

モーターアシストによるブーストはなるほど力強い。けれども、本来ディーゼルターボのもつ“一気呵成”な盛り上がりとは少し様子が異なっている。

もっと洗練された味つけ、とでも言おうか。トルクの波に乗ってしまえば(そして波はソッコーでやってくる)、思わずハミングしてしまうほど陽気でダイナミックな走りをみせる。そもそもシャシー性能の高い3008だったが、リアに新たなシステムを積み込んで、さらに走りの趣が深くしなやかになった。

他のモードで奔りたくなくなるのだが、その一方で、街中ではきっちりEVだけで走りたくもなる。そこが、新しい乗り物感覚ということだろう。そうやってスポーツモードのみで走っても、メーターによれば燃費は14km/l以上と、なかなか優秀だった。

プジョー 3008 HYBRID 4

3008ディーゼルハイブリッドの日本導入は未定であるし、タイミング的にどうかと思う。けれども、このシステムにより磨きがかかったならば、中型以上のモデルをすべてハイブリッド車とすることができる。

複雑なシステム構成や制御、生産設備を整える必要もない。その代わり、プリウスのように劇的な燃費を生み出すこともないわけだが、あの力強い走りでCO2三割以上減を達成できるというのであれば、それはそれで十分に有効かつ効果的な方法論だと言えよう。

筆者: 西川 淳

プジョー 3008 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 3008 の関連記事

プジョー 3008の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 3008 の関連記事をもっと見る

プジョー 3008 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円

  • プジョー

    新車価格

    357万円429万円