autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 3008 ハイブリッド4 海外試乗レポート/河村康彦 2ページ目

試乗レポート 2011/9/28 12:07

プジョー 3008 ハイブリッド4 海外試乗レポート/河村康彦(2/3)

関連: プジョー 3008 Text: 河村 康彦 Photo: プジョー・シトロエン・ジャポン
プジョー 3008 ハイブリッド4 海外試乗レポート/河村康彦

ハイブリッドカーながら“シリーズ最速”に改めて思うヨーロッパの思想

まずはエンジンを掛け・・・ではなく“システムを起動”させた後に、通常のAT車でお馴染みの『D』レンジではなく、AUTOの頭文字であろう『A』レンジをセレクトして、アクセルペダルを軽く踏み込んでみる。

電動式パーキングブレーキが自動的に解除され、まさに“クロスオーバー”を名乗るに相応しいSUVでもなく、ワゴンでもなく、もちろんセダンでもなく、といったちょっとユニークな造形の3008のボディは、スルスルと音もなく走り始める。

そう、トヨタ方式のハイブリッドモデルと同様、このモデルも「スタート時は電動モーターのみの力で走り出す」というのが基本。ただし、後輪を駆動するモーターの出力は最大でも27kW、すなわち37ps相当とさほど大きくはない。

かくして、素早いスタートを期待してアクセルを踏み込む量が大きくなると、エンジンは比較的容易に始動して“加速の補佐”役へと回る事になる。

ちなみに、そんな2リッターのターボ付きディーゼルエンジンが発する最高出力は163ps。これに、前述のモーター分37psを加え、合計の“システム出力”が200psと切りの良い数字である点は、当然「狙ったところ」であるだろう。

全開時の加速能力は0-100km/h加速タイムが「8.5秒」と発表されていて、これはこれまで日本でも発売されて来た最高156psを発する1.6リッター・ターボ付きガソリンモデルの8.9秒を凌ぐ“シリーズ最速”のデータ。

実際、フランスで開催された国際試乗会では、どんなシーンでも加速の能力不足を感じる事はなかった。

例え“エコカー”でも「ドライビングプレジャーにも優れる」というのは、ヨーロッパメーカーの作品にとっては不可欠な事柄であることを改めて認識させられる。

プジョー 3008 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 3008 の関連記事

プジョー 3008の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 3008 の関連記事をもっと見る

プジョー 3008 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円