autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 欧州の専門家も認めたプジョー 新型3008、個性派SUVの実力をいよいよ日本で試す

試乗レポート 2017/6/13 09:22

欧州の専門家も認めたプジョー 新型3008、個性派SUVの実力をいよいよ日本で試す

関連: プジョー 3008 Text: 藤島 知子 Photo: 小林岳夫
欧州の専門家も認めたプジョー 新型3008、個性派SUVの実力をいよいよ日本で試す

SUV初の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したプジョー 3008

フランス車ファン待望の新型SUVがようやく日本に導入された。その名も「プジョー 3008」。

プジョーはユニークなキャラクターをもつモデルに4桁の数字の車名を与えているが、2列シートで地上高を高めた3008は乗用車ライクなスタイリングだった初代から変貌を遂げ、2代目ではよりSUVらしい頼もしさを前面に押し出してきた。

プジョーのSUVといえば、すでに208の派生モデルでコンパクトクラスのプジョー2008が存在するが、3008は中核クラスの位置づけとなり、今後はさらなる上級モデルとして、3列シートを備えた5008がミニバンからSUVに姿を変えて導入される。世界的なSUV人気に切り込む形でSUVのラインナップを強化し、ブランド力を高めていこうというプジョーの思惑が見え隠れするが、プジョーらしい世界観を採り入れたニューモデルの登場には期待が高まってしまうばかりだ。

しかも、何を隠そう、この新型3008はSUVとして初めて2017ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した実力の持ち主なのである。あれだけデザインやハンドリングにうるさい欧州の評論家達を頷かせる魅力とはどこにあるのだろう?

>>[画像84枚!]プジョー 新型3008 フォトギャラリー

プジョーならではの個性が感じられる、細部まで巧みに作り込まれたスタイリング

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子

先ずはスタイリングから。

事前に目にした写真以上に実物の方が断然美しい。SUVというと「無骨」とか「逞しい」といった言葉が決まり文句だが、3008は厚みのあるフロントフェイス、アンダーガードやルーフレールといったSUVらしい要素は持ち併せているものの、ボディパネルは繊細なフォルムで描かれた躍動感を手にして、光を優しく照り返す。

よく見ると、ボディ下部を縁取るブラックのホイールアーチモールが変則的なカーブで描かれていることで、すこぶるカッコ良く見えてくるのだ。

フルLEDが採用されたヘッドライトはハイビームとロービームを自動的に切り替える機能を併せ持ち、リアのコンビネーションランプはプジョーのマスコット、ライオンの爪痕がさり気なく採り入れられているあたりがユニーク。

SUVの選択肢は市場に溢れているが、細部まで巧みに作り込まれたスタイリングはどのクルマにも似ていないプジョーならではの個性が感じられる。言葉で表現する以前にフランス車のデザインレベルの高さには脱帽させられてしまうばかりだ。

インテリアも細部にわたり、プジョーらしい繊細な造り

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子

インテリアは先進性と居心地の良さが絶妙にバランスされている。

208をはじめ、308にも導入されてきたi-Cockpitは新世代のユニットに刷新。運転席は小径ステアリングを低めに構えて、その上からメーターを確認するコックピットのレイアウトが受け継がれたものだ。

メーターは12.3インチのデジタルディスプレイがプジョーで初めて導入され、モニターの中央には車速がお洒落で見やすいフォントでデジタル表示されるほか、単眼カメラが道路標識から読み取った制限速度を表示してくれる機能も備わっている。

左右には速度計と回転計がアナログ表示で映し出されるのだが、ここで、プジョーらしい繊細さに驚かされてしまうのが巧みな色遣い。文字盤の部分は本物の銅板を磨き上げたかのような陰影で表現されていて、デジタルである違和感を与えず、自然な形で受け容れることができる。

ハンドル上のスイッチで切り替えると表示される内容が変わり、車両情報を与えたり、デジタル表示の速度計のみをシンプルに表示することもできる。

小粋なデザインと小気味の良い操作感

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子

ダッシュボードの中央には8インチのタッチスクリーンを配置。従来は表示される文字が英語などの表記で機能も限られていたのだが、今回のシステムは日本語に対応されたほか、車両設定の項目ではインテリジェントハイビームをはじめ、ウェルカムランプやセキュリティ機能の項目、予防安全機能のON/OFFなどの変更が可能になった。オプションでパナソニック製のナビゲーションシステムも用意されていて、備え付けたモニター上に表示される。

また、立体的な造形のインパネは鈍い光を放つシルバーの加飾が効果的にあしらわれて、上質な室内空間を演出。モニターの下にはピアノの鍵盤を模したトグルスイッチが並べられ、オーディオ機能やエアコン、ナビのショートカット、ハザードランプを点灯する際に操作するようになっている。小粋なデザインと小気味の良い操作感が所有した時の満足度を高めてくれそうだ。

スーパーカーを思わせるハイセンスなコーディネートがこの価格帯で

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子

遠出するクルマだと考えると、ユーティリティも気になるところ。

今回は3008 GT Line DEBUT EDITIONという限定車に試乗したが、センターコンソールは先進的なシフトセレクターの脇に2つのドリンクホルダーが配置されていた。

それ以外にも4枚のドア内側のポケットにペットボトルや小物が置けるだけのスペースも存在している。深い収納ボックスを備えたコンソールボックスの上部はアームレストになっていて、平らな面にレザーをピッチリと張りこみ、革巻ステアリングと同色の繊細なニュアンス色のダブルステッチを施すというこだわりよう。

シートはテップレザーとファブリックを組み合わせたグレーのスポーティなシートだったが、お洒落なメンズのジャケットやスラックスにあしらわれるような素材が組み合わされている。

こんなにハイセンスなコーディネートのクルマに出会ったのは車両価格が数千万円もするスーパーカーで拝んで以来かも知れない。改めて、こうした洗練性を限定車の400万円という価格帯のクルマで実現してしまうところが凄すぎる。

ゆとりある後席や頭上空間に、大容量の荷室

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子

車内の間取りはファミリーや趣味層にも使い勝手のいいパッケージングになっている。

後席の広さについては女性の私が座ると、膝回りには足が組めるほどのスペースが設けられている状態。3008の基本構造は前輪駆動ということもあって、足元にトンネルの張り出しが存在しない。

頭上空間にもゆとりがあって、パノラミックサンルーフ付きのモデルでも大人の男性が楽に座れるほどの空間を備えている。

後席に乗員が座った状態の荷室はゴルフバックのような荷物は斜めに積み込む形となるが、乗員分の旅行用のカバンは楽に呑み込むだけの奥行きと高さが確保されている。たくさん荷物を積みたい時は荷室の壁面にあるレバーを引けば、60:40の分割可倒式で後席を倒して使うこともできる。

電動開閉式のテールゲートは上級モデルに設定されているが、キーをカバンの中に入れていても、リアバンパーの下に足をかざせばハンズフリーで開くことが可能。買い物袋や子供を抱えてクルマに戻ってきた時などに重宝するだろう。

プジョーらしいしなやかな走りにすっかりトリコ

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子

デビュー時に設定されたパワーユニットは最大出力が165馬力、240Nmの最大トルクを発生する直列4気筒 1.6リッター 直噴ターボエンジン×6速ATのみを設定。すでに多車種で定評のあるユニットが組み合わされている。

私が試乗した時は大人4名乗車+機材のフル乗車の状態で走り出したが、車重1460~1500kgのボディを走らせるには十分なパワーだと感じられた。このあたりも、4WDモデルだと専用パーツを抱え込むぶん、重たさに繋がるが、FFモデルの3008は軽快さが際だって発進加速がスムーズなのだ。

エンジンとトランスミッションのセッティングは踏み込んだ瞬間のインパクトは少ないものの、同乗者を乗せて走る状況を踏まえると、唐突に力を出さないぶん、身体が前後に揺すられるような動きが少ない。試乗車には225/55R18サイズのタイヤが装着されていたが、ワインディングロードでは路面のうねりやカーブで路面を滑らかな感触で受けとめていくので快適性も高い。

ドライバーは背が高いクルマ特有のフラツキを意識せずに走れるだけでなく、プジョーらしいしなやかな走りに虜にされてしまうことだろう。個人的にはハンドリング大賞を与えたいくらいにイメージしたラインを辿りやすく、走る愉しさも与えてくれるモデルに仕上がっていると感じた。

FFのみで悪路の走破性はどうなるの・・・!?

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子

このモデルのベースとなったハッチバックモデルの新型プジョー 308は、フォルクスワーゲンのゴルフ7を超えるとも思えるレベルの操縦安定性と上質な走りを見せるモデルだったが、3008の優れた走行性能はそんな資質の高さが伺える部分。

ただ、背が高いSUVとなればボディの剛性面や重量増など、新たな課題が露呈しやすいはずなのだが、そのあたりは、SUVの3008になっても変わってはいない。骨格部分の剛性強化や足回りの最適化など、構造面への徹底的なコダワリが質の高い走りに結びついているのだろう。

「SUVだけど、FFのみで悪路の走破性はどうなるの?」 という疑問をお持ちの方もいるだろう。そのあたりは限定モデルの3008 GT Line DEBUT EDITIONにアドバンスドグリップコントロールが設定されていた。

この機能は雪や砂、泥などのぬかるみでスリップした際にトラクションコントロールを駆使してグリップが得やすい環境を作り出すというもの。

滑りやすい下り坂では5%以上の勾配で低速を維持して下れるヒルディセントコントロールも付いてくる。絶対的な悪路走破性でいえば4WDモデルの方が優れている部分もあるが、一年の大半をアスファルトの上を走ることを思えば、FFモデルであることは低燃費で走れたり、軽快な走りが得られる点でメリットも大きい。

最新の予防安全装備を搭載し長距離ドライブも安心

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子

さらに、3008にはプジョー最新の予防安全装備も充実させている。

単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせたシステムは、前走車に加えて歩行者にも対応する衝突被害軽減ブレーキ(アクティブセーフティブレーキ)を採用しているほか、車線内からはみ出しそうになった際に自動的にステアリングに反力を与えたり、車線変更時に自車の斜め後方の死角にいるクルマのリスクを知らせる機能(レーンキープアシスト)も設定されている。

前走車との車間を維持しながら走るアダプティブクルーズコントロール(プジョーでは”アクティブクルーズコントロール”と表記)は30~180km/hの範囲で対応するものだが、長距離ドライブの際の疲労低減に効果をもたらしてくれるだろう。

単なる移動を楽しく豊かな時間に変えてくれそうな1台

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子

フランスメーカーのプジョーが提案する新型3008は、洗練された内外装のデザイン、居心地の良い先進的なインテリアが心をときめかせてくれるだけでなく、操縦性に優れた走りは安心、快適、楽しくハンドルを握れることで、移動の時間を豊かなものに変えてくれる。

数々の魅力を備えたプジョー3008は、家族に1台のクルマとして実用的に使える個性派モデルとして、これまでのフランス車ファンだけでなく、プジョーを初めて所有するユーザーを取り込んでいきそうだ。

[レポート:藤島知子/Photo:小林岳夫]

>>プジョー 新型3008 フォトギャラリー[画像84枚!]

PEUGEOT 3008 GT Line DEBUT EDITION 主要諸元(スペック)

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子

全長x全幅x全高:4450x1840x1630mm/ホイールベース:2675mm/車両重量:1500kg/乗車定員:5名/最小回転半径:5.6m/エンジン種類:ターボチャージャー付直列4気筒 DOHC/総排気量:1598cc/最高出力:165ps(121kW)/6000rpm/最大トルク:24.5kg-m(240Nm)/1400-3500rpm/トランスミッション:EAT6(6速オートマチック)/燃料消費率:14.5km/L(JC08モード燃費)/サスペンション形式:(前)マクファーソンストラット式(後)トーションビーム式/タイヤサイズ:225/55R18/メーカー希望小売価格:4,000,000円(消費税込)

※試乗・撮影車はオプション装着車

パノラミックサンルーフ:150,000円/3008タッチスクリーン専用カーナビ:198,720円/ETC:10,260円

プジョー 3008試乗レポート/藤島知子プジョー 3008試乗レポート/藤島知子プジョー 3008試乗レポート/藤島知子プジョー 3008試乗レポート/藤島知子プジョー 3008試乗レポート/藤島知子
筆者: 藤島 知子

プジョー 3008 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 3008 の関連記事

プジョー 3008の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 3008 の関連記事をもっと見る

プジョー 3008 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円

  • プジョー

    新車価格

    357万円429万円