autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シトロエンDS3・C3・プジョー208 新型3気筒 1.2リッターエンジン+ETG5搭載車 試乗レポート/森口将之 2ページ目

試乗レポート 2014/2/18 17:51

シトロエンDS3・C3・プジョー208 新型3気筒 1.2リッターエンジン+ETG5搭載車 試乗レポート/森口将之(2/3)

シトロエンDS3・C3・プジョー208 新型3気筒 1.2リッターエンジン+ETG5搭載車 試乗レポート/森口将之

え、ターボ付いてないの?ってくらい活発な走りに驚く

プジョー 208 プレミアム[5ドアハッチバック/1.2リッター 直3 ガソリンエンジン/5速ETG]シトロエン C3 エクスクルーシブ[5ドアハッチバック/1.2リッター 直3 ガソリンエンジン/5速ETG]

新型パワートレインを搭載したプジョー208の車両重量は、クロスオーバーのプジョー2008より50㎏ほど軽いので、加速はさらに活発。2008の試乗記でも書いたけれど、2000rpmあたりからの、ターボ付いているの?と錯覚するようなトルク感が頼もしい。音はあちらほど静かではないけれど、現在売られている3気筒としては抑えられているほうだ。

シングルクラッチ方式の2ペダルMTであるETG5は、クラッチミートはかなりスパッと行うのに対して、その後の変速はショックなくゆったりこなす性格。

プジョー 208 プレミアム[5ドアハッチバック/1.2リッター 直3 ガソリンエンジン/5速ETG] 試乗レポート/森口将之 5プジョー 208 プレミアム[5ドアハッチバック/1.2リッター 直3 ガソリンエンジン/5速ETG] 試乗レポート/森口将之 4

クルージングに移っても、限られたパワーとトルクを生かすべく、状況に合わせてひんぱんにアップダウンすることに気付く。ポンポンと高いギアに上げていこうとせず、効率の良い回転をキープするのも特徴。これも力不足に感じない理由だろう。

シングルクラッチ方式の2ペダルMTを嫌う人もいるようだが、それはスムーズだけれどメリハリのないCVTに慣れ切ったユーザーが多いためかもしれない。

走りながら観察すると、アクセルを大きく踏み込んでいるときはギアをキープし、緩めると上のギアに移行する。つまりMTに似た変速パターンを示す。だからMT車のように、アクセルワークにメリハリをつけると、Dレンジのままでも違和感がほとんどなくなるのだ。MTの練習用としても最適なトランスミッションに思えた。

新世代パワートレインは、キャラクター毎の個性をより明確に浮き彫りにしてくれる

プジョー 208 プレミアム[5ドアハッチバック/1.2リッター 直3 ガソリンエンジン/5速ETG]プジョー 208 プレミアム[5ドアハッチバック/1.2リッター 直3 ガソリンエンジン/5速ETG] 試乗レポート/森口将之 1

アイドリングストップは車両が停止してから作動する。早めに止めすぎて停止寸前の再加速で戸惑うより、このほうが確実でいい。しかも始動がかなり素早い。ヨーロッパで販売されているディーゼルハイブリッドの経験が生きているのかもしれない。そして燃費は、ちょっと驚く数字だった。

208で都内の一般道と高速を半々の割合で走っての数字は19.2㎞/Lと、JC08モードに迫る数字をマークした。ハイブリッドでもディーゼルでもターボでもないクルマで20㎞/L近く行くのは異例だ。本気のエコユニットであることを教えられた。

でもそれは、燃費だけのパワートレインというだけではない。3台を乗り比べて面白かったのは、載せるクルマによって異なるキャラクターが浮き彫りになることだ。それだけこの新世代ユニットが、多彩な魅力を備えているということなのだろう。

[次ページへ続く]

プジョー 208 関連ページ

シトロエン C3 関連ページ

シトロエン DS3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 208 の関連記事

プジョー 208の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 208 の関連記事をもっと見る

プジョー 208 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円