autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 2008(新型クロスオーバー) 国内試乗レポート/森口将之 3ページ目

試乗レポート 2014/2/11 05:57

プジョー 2008(新型クロスオーバー) 国内試乗レポート/森口将之(3/3)

関連: プジョー 2008 Text: 森口 将之 Photo: 和田清志
プジョー 2008(新型クロスオーバー) 国内試乗レポート/森口将之

1.2リッター 3気筒 ノンターボエンジンの走りは・・・

プジョー 2008 Premium(プレミアム)[ボディカラー:マカハ・ブラウン/シートカラー:ブラウン・ファブリック/テップレザーシート]

新しいプジョー 2008は、このボディを動かすパワートレインもニュースだ。208に搭載されている1.2リッター直列3気筒エンジンに、日本初登場となる「ETG5」、5速ETG(エフィシェント・トロニック・ギアボックス)と呼ばれる2ペダルトランスミッションとアイドリングストップを組み合わせた、新世代ユニットを搭載しているのだ。

ターボやスーパーチャージャーは装着していないけれど、走り出すと過給機なんかいらないと思うほど力強く加速していく。車両重量が1140㎏と、このクラスのクロスオーバーとしてはかなり軽いこともあるが、2000rpmを超えるとモリモリッとトルクが湧き出てきて、ターボが付いているのかと錯覚するほどだ。

力強く静かなパワートレインに驚く

プジョー 2008 Premium(プレミアム)[ボディカラー:マカハ・ブラウン/シートカラー:ブラウン・ファブリック/テップレザーシート]

おまけに音が静か。5000rpmあたりまで回してようやく4気筒ではないことに気付くほどで、3000rpmぐらいじゃまったく分からない。数ある3気筒エンジンのなかでもトップレベルの静粛性と力強さの持ち主だ。

ETG5はシングルクラッチ方式の2ペダルMTだが、シフトアップ時の減速感はほとんど感じないし、ショックもない。変速操作は素早くはないが、それがまた、じょうずな人がていねいに運転しているような感じで心地いい。もちろんスピーディな走りが望みならパドルを弾いてやればいい。

プジョーのネコ足はここでも健在

プジョー 2008 Premium(プレミアム) 試乗レポート/森口将之 9プジョー 2008 Premium(プレミアム) 試乗レポート/森口将之 6

サスペンションは208よりやや固め。タイヤもやや太めだが、ガチガチには感じない。ボディの剛性感が高いおかげもあるが、鋭いショックを絶妙にいなすネコ足が生きているようだ。それでいてステアリングを切った瞬間、ノーズがスッと水平に移動するような身のこなしはプジョーそのもの。リズミカルにコーナーをこなしていける。

最大のライバル、「ルノー キャプチャー」との違いはここにある。 同じフランス生まれのクロスオーバーだから走りも似ていると考える人がいるかもしれないが、あちらはむしろ足のストローク感を生かした落ち着いた身のこなし。かつてのBMWとメルセデス・ベンツほど違うと考えたほうがいい。

クロスオーバー車作りはフランス人の得意分野!?

プジョー 2008 Cielo(シエロ) 試乗レポート/森口将之 5プジョー 2008 Cielo(シエロ) 試乗レポート/森口将之 13

逆に共通しているのは、クロスオーバー作りのうまさだ。2台に相次いで試乗して、その理由はフランス車だからではないかと思った。

フランス人はライフスタイルを反映するアイテムとしてクルマを考える人が多い。だからボディサイズや排気量よりも、デザインやカラーやユーティリティにこだわる。しかも「クルマとはこうあるべき」という頑固さがなく、逆に独創性や柔軟性が持ち味だから、新しいジャンルやスタイルを生み出すのが大好き。

しかもフランスはパリ・ダカール・ラリー発祥の地であり、かつてのスタート地点だった。もともと冒険への憧れが強い地なのだ。だからSUVやオフロードバイクを街乗りに使うのがクールだと考え、いち早く実践してきた。そんな感性がクロスオーバー作りに反映しているような気がするのだ。

本国ではシトロエンからも、ジュネーブショーでデビュー予定の「C4カクタス」という新型クロスオーバーが発表されていて、これまた魅力的な1台に仕上がっている。常に新しい驚きや楽しさを追い求めるフランスだからこそ、こういうクルマがいくつも生み出せるのだろう。クロスオーバーはフランス車の得意分野ではないか?と思ってしまうほどである。

PEUGEOT 2008 Premium[FF] 主要諸元

プジョー 2008 Premium(プレミアム)[ボディカラー:マカハ・ブラウン/シートカラー:ブラウン・ファブリック/テップレザーシート]

全長x全幅x全高:4160x1740x1550mm/ホイールベース:2540mm/車両重量:1140kg/乗車定員:5名/駆動方式:FF(前輪駆動)/エンジン種類:直列 3気筒 DOHC ガソリンエンジン/総排気量:1199cc/最高出力:82ps(60kW)/5750rpm/最大トルク:118N・m/2750rpm/トランスミッション:オートマチックモード付 5速ETG(エフィシェント・トロニック・ギアボックス)/燃料消費率:18.5km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:205/55R16/車両本体価格:246.0万円[消費税5%込み]

筆者: 森口 将之

プジョー 2008 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 2008 の関連記事

プジョー 2008の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 2008 の関連記事をもっと見る

プジョー 2008 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円