autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート オペル ザフィーラ 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2005/9/26 10:10

オペル ザフィーラ 海外試乗レポート(2/3)

関連: オペル ザフィーラ Text: 松下 宏 Photo: 日本ゼネラルモーターズ
オペル ザフィーラ 海外試乗レポート

日本の小型ミニバンとは違った新しい価値

新型ザフィーラのデザインはアストラとの関連性を明確に示すものとされている。こうしたこともあって、日本仕様では名前を変更しようという話もあったという。最終的にはザフィーラの名前を継承することになったが、アストラ・フレックス7などのように、アストラ系のクルマであることを明確に示す車名が考慮されていたらしい。

外観デザインは大胆で躍動感を感じさせるもので、アストラというかオペル独自のキャラクターラインともいえるV字型のフロントデザインやリヤ方向に強く上がるショルダーライン。バンパーに設けられた大型のエアインテークや立体的なヘッドライト、フロントグリルとリヤエンドパネルを横断するクロームバーなどは、アストラを連想させるデザイン的なポイントだ。

ボディサイズはひと回り大きくなった。全長は4,500mm以下に抑えられているので相変わらずコンパクトなミニバンといえるが、全幅は1,800mmに達し、パノラマルーフを装備したクルマでは全高も1,670mmになる。ボディサイズの拡大によってインテリア空間も拡大されている。

インテリア回りのデザインもアストラと共通する要素が多くなる。ステアリングホイールやメーターパネルはアストラと共通のものだし、液晶ディスプレーやオーディオ、エアコンなどのパネルも共通のものとなる。シフトレバーが従来より高いインパネに設置され、U字型のパーキングブレーキレバーを採用することなどはザフィーラならではの要素だ。

ホイールベースが延長されたことで、7人の乗員が乗る3列シートのどの席でも居住空間の拡大が図られている。また操作性を高めたフレックス7シーティングシステムによって、容易に7シーターから2シーターにするまでのシートアレンジが可能。ラゲッジスペースの容量も拡大されて、5シーターの状態では645L、2シーターの状態では実に1,820Lもの容量が確保される。

ラゲッジスペースの2本レールが設けられるが、このレールには多くのマウントポイントがあって、固定ストラップ、フック、仕切りパーツ、収納ボックスなどさまざまなアクセサリーを装着できる。これによって自在な使い勝手を発揮するクルマになるわけだ。

オプションで設定される収納コンパートメントを一体化したパノラマルーフは、4枚のガラスパネルによって快適で明るい室内を作るほか、ルーフ中央で前後に伸びるセンタールーフコンソールには異なるサイズの5つのコンパートメントが用意され、独特の収納スペースを作っている。

見るからに広くて快適そうな印象を与えるのが新しいザフィーラであり、視界の広さから運転のしやすさも感じさせる。日本の小型ミニバンとは違った新しい価値を提供するのがザフィーラと思っていいだろう。

オペル ザフィーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

オペル ザフィーラ の関連記事

オペル ザフィーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • オペル ザフィーラ 試乗レポート

    試乗レポート

    オペル ザフィーラ 試乗レポート

    ヒット作の初代モデルを徹底的に進化させた新型オペル ザフィーラ2005年初春に開催されたジュネーブ・ショーで、初めて一般公開をされたのが新し....

  • オペル ザフィーラ 海外試乗レポート

    試乗レポート

    オペル ザフィーラ 海外試乗レポート

    急速な盛り上がりを見せる欧州のミニバン人気アストラのプラットホームをベースにしたオペルの小型ミニバンであるザフィーラは、すでにヨーロッパで2....

オペル ザフィーラ の関連記事をもっと見る