autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 エクストレイルハイブリッド モード・プレミア vs ハリアーハイブリッド どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/7/31 17:02

エクストレイルハイブリッド モード・プレミア vs ハリアーハイブリッド どっちが買い!?徹底比較(2/3)

エクストレイルハイブリッド モード・プレミア vs ハリアーハイブリッド どっちが買い!?徹底比較

エクストレイル モード・プレミア vs ハリアー/内装比較

エクストレイルのベースグレードはシートと荷室に防水加工が施されているが、モード・プレミアでは雰囲気が一変。シートはストーンホワイトとブラックの本革になり、フロアや荷室にカーペットを装着した。外観のイメージと同様、スポーティで洗練された仕上がりを見せる。

一方、ハリアーは豪華さを前面に押し出している。インパネにはステッチの入った合成皮革が使われ、装飾類も多い。シート生地はファブリックと合成皮革の組み合わせで、クラウンのSUV仕様という雰囲気を感じる。メーカーオプションで本革シートを選ぶことも可能だ。

両車ともに質感を重視するが、内装のテイストはかなり違う。エクストレイルはヘビーな使い方も可能な室内空間に本革シートなどを装着して、リゾートホテルのようなリラックス感覚を生み出した。ハリアーは日本車的な高級感を重視して、価値観はセダンに近い。SUVでありながら一種の格式を感じさせる。

エクストレイル モード・プレミア vs ハリアー/居住性比較

居住性については、両車とも空間効率が高い。フロントシートはサイズに余裕を持たせ、快適な座り心地に仕上げられている。

後席についても、頭上や足元の空間は広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は、エクストレイルが握りコブシ3つ分、ハリアーは2つ半だ。頭上にはエクストレイルが握りコブシ1つ半、ハリアーは1つ分の余裕がある。

エクストレイルはハリアーに比べてホイールベースが長く、全高も高いために後席の居住性が優れている。

エクストレイル モード・プレミア vs ハリアー/動力性能・走行安定性比較

エクストレイルハイブリッドの動力性能は、2リッターエンジンの特性が生かされている。

発進してからモーター駆動のみで走る距離は短いが、その分だけ運転感覚は自然だ。そして巡航状態に移れば、減速時に充電された電気を使ってモーター駆動だけで走るシーンも多い。この時には当然ながらガソリンは消費されず、燃費を向上させられる。

一方、ハリアーハイブリッドはモーターの駆動力が高い。このあたりはトヨタが手掛けるハイブリッド車の特徴だ。

エクストレイルが現行型になって、大幅に進歩した機能のひとつが走行安定性だ。ボディ剛性を向上させ、ホイールベースも拡大されたために4輪の接地性が高まった。高重心のSUVではあるが、直進時、旋回時ともに安定した動きを見せる。峠道などに乗り入れても、扱いにくさを感じさせない。

特にモード・プレミアは18インチにサイズアップされたタイヤを装着するため、操舵に対する反応が適度に機敏になった。

対するハリアーは、エクストレイルに比べると旋回時や車線変更におけるボディの傾き方が少し大きい。後輪の接地性に不満はなく、安心感は削がれないが、車両をゆったりと動かしている印象だ。

こういった挙動の変化を見ても、エクストレイルは「スポーティ」、ハリアーは「豪華指向」といった性格の違いを感じる。

日産 エクストレイル 関連ページ

トヨタ ハリアーハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22