autoc-one.jp 記事・レポート 特集 広告案件 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 5ページ目

特別企画 2015/07/24 16:15

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた(5/5)

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

旧型と比べて分かった新型の総合評価

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

エクストレイルの新旧モデルを比べると、失われた内容と得た内容が、それぞれ大きいように思う。

失われた内容としてまず挙げられるのは、SUVらしさが濃厚で、なおかつ視界と取りまわし性に優れたボディスタイルだ。

このデザインはとても優秀であった。前後左右ともに視界が良く、ボンネットもキッチリと見える。となれば普通は実用指向の潤いのない外観になりがちだが、旧型エクストレイルは重厚なSUVらしさも感じさせた。

表現を変えれば、SUVのデザイン手法を、巧みに視界の良さに結び付けている。これは旧型といっても、2000年に登場した初代エクストレイルの良さであった。

ちなみに最近は日本車、輸入車を問わず、サイドウインドウの下端を高めに設定して、後ろに向けて持ち上げた車種が多い。外観をカッコ良く見せるために、視界が犠牲になっている。

開発者は「視界は厚぀

高witteう。こ聒た。れせギ潤