autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 5ページ目

特別企画 2015/7/24 16:15

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた(5/5)

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

旧型と比べて分かった新型の総合評価

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

エクストレイルの新旧モデルを比べると、失われた内容と得た内容が、それぞれ大きいように思う。

失われた内容としてまず挙げられるのは、SUVらしさが濃厚で、なおかつ視界と取りまわし性に優れたボディスタイルだ。

このデザインはとても優秀であった。前後左右ともに視界が良く、ボンネットもキッチリと見える。となれば普通は実用指向の潤いのない外観になりがちだが、旧型エクストレイルは重厚なSUVらしさも感じさせた。

表現を変えれば、SUVのデザイン手法を、巧みに視界の良さに結び付けている。これは旧型といっても、2000年に登場した初代エクストレイルの良さであった。

ちなみに最近は日本車、輸入車を問わず、サイドウインドウの下端を高めに設定して、後ろに向けて持ち上げた車種が多い。外観をカッコ良く見せるために、視界が犠牲になっている。

開発者は「視界はバックモニターで確保できる」などと言うが、後退は後ろを振り返って行うのが基本だ。バックモニターはナビ画面と併用するからドライバーよりも前側に装着され、機能に矛盾が伴う。カッコ良さと直接的な視界を両立させるのが、自動車が採用すべき工業デザインだろう。

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

ゆったりとした快適な乗り心地も、旧型のSUVらしい特徴であった。このように旧型は、前輪駆動をベースにしたシティ派SUVながら、デザインと機能は後輪駆動ベースのオフロードモデルに近かった。

逆に新型で進化したのは後席の居住性だ。ホイールベースの拡大で足元空間が広がった。

そして設計が新しいために緊急自動ブレーキを作動できる安全装備も備わり、燃費も大幅に向上している。

新型は、旧型に比べるとクリーンディーゼルターボの廃止を含めてSUVらしさが薄れ、視界も悪化したが、衝突回避の安全装備、走行安定性、環境性能、居住性は進化した。

総合評価:6点/10点(順当に進化した)

[レポート:渡辺陽一郎]

日産「エクストレイル」進化度数 総合結果

ボディスタイル&サイズ:1点

内装のデザイン&居住性:7点

動力性能 :3点

走行安定性 :8点

乗り心地 :1点

快適&安全装備 :8点

燃費性能 :7点

グレード構成&価格設定:6点

総合的な進化度数 :6点

「新型と旧型を比較してみた」関連コンテンツ

トヨタ「ヴェルファイア/アルファード」の新型と旧型を比較してみた

トヨタ「ヴェルファイア/アルファード」編[2015年7月3日]

ホンダ「シャトル」編[2015年6月24日]

ホンダ「S660」とホンダ「ビート」編[2015年5月25日]

ホンダ「ステップワゴン」編[2015年5月20日]

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29