autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型(3代目)エクストレイル オフロードコース試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2013/12/16 20:42

日産 新型(3代目)エクストレイル オフロードコース試乗レポート/渡辺陽一郎(3/3)

関連: 日産 エクストレイル Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 日産自動車/オートックワン編集部
日産 新型(3代目)エクストレイル オフロードコース試乗レポート/渡辺陽一郎

3列仕様も用意され、大幅に向上した居住性

日産 新型(3代目)エクストレイル日産 新型(3代目)エクストレイル

一方、居住性は大幅に向上した。インパネのデザインは見る人によって評価が変わるが、一般的には光沢のある素材を使った新型の方が上質に感じるだろう。

フロントシートはサイズを十分に確保。新たに開発されたスパイナルサポート機能が付き、乗員の体の収まりが良い。背もたれ、座面ともに体をしっかりと支える。

リアシートは、ホイールベースを75mm伸ばしたことで、足元空間がかなり広がった。前後のシート間隔が75mm拡大され、シート形状の見直しもあって、膝先空間は90mmのプラスになる。身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先空間は、先代型が握りコブシ2つ弱。新型エクストレイルであれば3つ分だ(3列シート仕様は後端までスライドさせて2つ半)。リア側は座面の柔軟性をもう少し増して欲しいが、先代型と比較すれば快適に感じる。

日産 新型(3代目)エクストレイル

そこで新型エクストレイルでは3列仕様も用意したが(日本よりもタイやマレーシアのニーズが高い)、これはさすがに補助席だ。3列目はサイズが小さく、床と座面との間隔も乏しいから膝が大きく持ち上がる。加えて足元空間も狭い。身長170cmの大人6名が乗車するには、2列目のスライド位置を乗員の膝が1列目の背面に触れるまで前に寄せないと、3列目の足元空間を確保できない。

なので多人数乗車は片道15分程度の移動が限界だろう。それでも1年に数回、わずかな距離を多人数で移動する使い方なら、対応できないこともない。

日産 新型(3代目)エクストレイル日産 新型(3代目)エクストレイル日産 新型(3代目)エクストレイル日産 新型(3代目)エクストレイル日産 新型(3代目)エクストレイル

趣味性の強いクルマの条件

日産 新型(3代目)エクストレイル日産 新型(3代目)エクストレイル

以上のように新型エクストレイルは、SUVの走破力、防水加工を施した内装など「タフギア」の機能を持ちながら、日常的な実用性も高めている。

同時に、新型エクストレイルが登場したことで、先代型の魅力を再認識したことも事実だ。新型エクストレイルを試乗して「やっぱり今の愛車を乗り続けよう」と考える先代エクストレイルのユーザーも少なくないだろう。

これは悪いことではなく、むしろ趣味性の強いクルマの条件ともいえる。例えばマツダ「ロードスター」には、初代/2代目/現行型と、それぞれにファンがいる。

幸いにして、クリーンディーゼルターボを搭載した20GT系は、約1年後にハイブリッドが追加されるまで先代型を継続生産している。これから先代型の20GT系を買うのは、個人的にはとてもカッコイイと思う。新型を知った上で先代型を買うのだから、廃車にするまで寄り沿うに違いない。なかなか奥の深い考えさせられる試乗であった。

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25