日産 エルグランド  &  セレナ  &  ラフェスタ まずはキング・オブ・ミニバンこと、エルグランド250ハイウェイスターから!

記事・レポート 新車情報 試乗レポート まずはキング・オブ・ミニバンこと、エルグランド250ハイウェイスターから!

夏だ!レジャーだ!ミニバンだ!日産 ハイウェイスター 特集 (2/5)

この記事に登場する車: 日産 エルグランド | 日産 セレナ | 日産 ラフェスタ

Text :
Photo:
茂呂幸正
まずはキング・オブ・ミニバンこと、エルグランド250ハイウェイスターから!

まずはキング・オブ・ミニバンこと、エルグランド250ハイウェイスターから!

 1997年に投入された初代エルグランドは、広くて豪華な車内と存在感の強い外観により、高価格のLサイズミニバンながらヒット作になった。

2002年に2代目、2010年には3代目の現行型へフルモデルチェンジされている。今や伝統となった上級ミニバンだから、キーワードも「キング・オブ・ミニバン」。フロントマスクは存在感を際立たせ、遠方から見てもエルグランドだと識別できる。

最も注目されるのは、ミニバンのキモになる内装の造りだ。まずはインパネだが、ていねいに仕上げて立体感を持たせた。ATレバーやエアコンのスイッチが収まる中央部分は、適度に手前に張り出して囲まれ感を演出。着座位置は高いものの、フーガのようなLサイズセダンの運転席に座ったような気分になる。

1列目のシートはサイズを十分に確保。腰の部分を少し硬めに仕上げ、着座姿勢も安定している。ミニバンながら、スポーティな運転にも対応できる座り心地だ。

助手席にも注目。座面の下側からオットマンを持ち上げると、ふくらはぎが適度にサポートされてリラックスできる。このあたりもLサイズセダンに近い。

大開口のスライドドアから乗り込む2列目は、サイズが十分にあり、後方にスライドさせれば足元の空間も余裕タップリ。頭上も広く、まさに「特等席」で長距離ドライブを快適に楽しめる。背の高いLサイズミニバンを買う価値を、明確に表現したのがこの2列目シートだ。

試乗した250ハイウェイスターの場合、8人乗りの2列目はベンチ