日産 リーフ リーフで「東京1週間」/森口将之

記事・レポート 特集 自動車評論家コラム リーフで「東京1週間」/森口将之

リーフで「東京1週間」/森口将之 (1/4)

日産 リーフ 車種情報

Text :
Photo:
森口将之
リーフで「東京1週間」/森口将之

リーフを「使って」過ごしてみた1週間

日産リーフの試乗記は、オートックワンを始めとして多くの自動車メディアで紹介されている。

でもそのほとんどは「乗った」であって、「使った」ではない。

EV(電気自動車)ほど、使ってみてどうか?が問われる自動車はない。ということで、リーフを1週間ほどお借りして、実際の生活シーンの中でいろいろ使ってみた。

ただし、急速充電を繰り返しながら東京~大阪間を走破、なんてことはしなかった。それでは「移動」ではなく「冒険」になってしまうからだ。

EVの急速充電は携帯電話のそれと同じで、エマージェンシー的存在である。通常は自宅で充電し、最長でも目的地で1度充電するぐらいの移動距離が、正しい使い方じゃないかと思うのだ。

それでは行動半径が短すぎると考えるかもしれない。でも日本人がクルマに乗る距離は1日平均で数十km。実はリーフで十分間に合う。

不満に感じる人が多いのは、日本人特有の「イザというときを気にしすぎる」性格のためだと思う。年に1~2度しか使わない3列シート付きのミニバンを「とりあえず買っておく」のと似た傾向だ。

よって、今回は自宅・事務所のある東京都渋谷区を中心に、東京23区内と横浜市中心部までをリーフの行動半径と設定し、それより遠くへはガソリン車を使った。

今後のモビリティでは、こうした「使い分けの精神」が大切だと考えている。

  1. Page1 リーフで「東京1週間」/森口将之
  2. Page2 「高速道路」と「一般道路」の電費の違いは?
  3. Page3 エアコンの「オン/オフ」で航続距離に変化はあるのか
  4. Page4 航続距離の短さについては慣れの問題か

日産 リーフ 関連ページ

日産 リーフ