日産  &  フォルクスワーゲン エルグランド  &  シャラン シャランの1.4リッター+ツインチャージエンジンには目を見張るものがある!

記事・レポート 新車情報 試乗レポート シャランの1.4リッター+ツインチャージエンジンには目を見張るものがある!

日独人気ミニバンガチンコ対決!! 日産 エルグランドvsフォルクスワーゲン シャラン (4/5)

この記事に登場する車: 日産 エルグランド | フォルクスワーゲン シャラン

Text :
Photo:
オートックワン編集部
シャランの1.4リッター+ツインチャージエンジンには目を見張るものがある!

シャランの1.4リッター+ツインチャージエンジンには目を見張るものがある!

走りについては、まずエンジンやトランスミッションがまったく違う。エルグランドは、3.5リッターV6もしくは2.5リッター直4とエクストロニックCVTという組み合わせ。必要とあれば4WD車も選べる。

対するシャランは、排気量わずか1.4リッターの直噴エンジンに、ターボとスーパーチャージャーを付けたツインチャージエンジンに、7速の湿式クラッチ採用DSGだ。

エルグランドの3.5リッター車はとてもパワフルで、しかも扱いやすい。また、6気筒エンジンならではの重厚かつラグジュアリー感のあるサウンドの響きが楽しめるところもよい。

対するシャランは、1.9トン近い車体を、いくらツイン過給しているとはいえ、このエンジンで満足に走らせることができているところに感心だ。ひとたび流れに乗ってしまえば、むしろ「速い!」と感じさせるほどの力強さがあるし、DSGによるダイレクト感のある駆動フィールも心地よい。アイドリングストップ機構が付く点でも一歩リードだ。

ただし、ポロ等の乾式クラッチに比べるとずっと良いし、走り出してしまえばほぼ気にならないものの、トルコンがないだけにゼロ発進時などのクラッチミート時には軽いショックを伴うのは否めない。

あえて両車の難点を挙げると、シャランでは軽い変速ショックが気になるかどうか、エルグランドではCVTの変速過多なフィーリングが気になるかどうか、という点があることをお伝えしておこう。

  1. Page1 日独人気ミニバンガチンコ対決!! 日産 エルグランドvsフォルクスワーゲン シャラン
  2. Page2 迷いに迷う、豪華なつくりのエルグランド、凝ったつくりのシャラン
  3. Page3 シャランのパッケージングの巧みさと機構のアイデアには感服である
  4. Page4 シャランの1.4リッター+ツインチャージエンジンには目を見張るものがある!
  5. Page5 果たして肝心な燃費や維持費の違いとは!?

日産 エルグランド 関連ページ

日産 エルグランド