autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 日産の秘策、新ハイブリッドシステム「e-Power」を年内にも投入!リーフで培ったEV技術を活用 3ページ目

自動車評論家コラム 2016/9/5 18:51

日産の秘策、新ハイブリッドシステム「e-Power」を年内にも投入!リーフで培ったEV技術を活用(3/3)

関連: 日産 Text: 桃田 健史
日産の秘策、新ハイブリッドシステム「e-Power」を年内にも投入!リーフで培ったEV技術を活用

プラグインハイブリッドになる可能性も

日産リーフ

エンジンのサイズについては、BMW「i3」が排気量647ccの2気筒を積むように、1リッター以下になるか、それとも世界市場向けのコンパクトカー用として量産数が多くコストが安い、1.2リッター3気筒のHR12DEを改良するか、などの様々な選択肢がある。

よくよく考えてみると、「e-Power」=レンジエクステンダーというのは、メディアの憶測であって、プラグインハイブリッドになる可能性もある。つまり、エンジンのみでの走行も考慮した場合、ある程度のトルクと出力が必要となり、その場合は最低でも1.2リッターか、それ以上は欲しいところだ。

こうした搭載エンジンのサイズがどうであれ、日産としては「e-Power」の広報・宣伝活動のなかで「あのリーフのEV技術を満載」と記載してくるに違いない。

日産EV戦略の「見直し案のひとつ」

日産ノート

2010年代初頭、トヨタやホンダがハイブリッドやプラグインハイブリッドの開発に注力するなか、日産はEVに巨額投資を行い、トヨタとホンダとのパワートレインの差別化を図った。

だが、当初計画と比べて、リーフの販売は伸びず、そのため予定していたEVの「横展開(=多モデル化)」が遅れたという歴史がある。そうした日産EV戦略の「見直し案のひとつ」が、「e-Power」だと考えられる。

アメリカ、中国で今後ますます厳しさを増すCAFE(企業別平均燃費)、そして欧州のCO2規制。そのため、自動車メーカー各社は革新的な低燃費パワーユニットの開発を急いでいる。

日産の新技術「e-Power」、年内か年明け早々あたりに、その全貌が明らかになる可能性が高い。

[Text:桃田健史]

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20