autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 日産 先進技術 試乗会レポート 3ページ目

イベントレポート 2008/8/20 14:05

日産 先進技術 試乗会レポート(3/6)

関連: 日産 Text: オートックワン 編集部
日産 先進技術 試乗会レポート

リチウムイオンバッテリー

日産 リチウムイオンバッテリーセル日産 バッテリーラボの位置付けイメージ

実は、日産といえば“電気自動車”における開祖と言える存在。

1947年に「たま電気自動車」を発売して以来、1996年に初めてリチウムイオンバッテリーを搭載した「プレーリージョイEV」や、2000年に横浜のランドマークタワーで実験的にカーシェアリング用として使用された、超小型電気自動車「ハイパーミニ」を発表。また、1999年には独自開発のハイブリッド車「ティーノ ハイブリッド」を国内で、2006年には、北米でアルティマ ハイブリッド発売するなど、この手の開発には継続的に力を入れてきた企業だ。

近年のトヨタやホンダのハイブリッド技術をはじめ、BMWの水素燃料自動車などと、環境ヴィークルへのスポットはどうしてもこちらに当たりがちだが、これからはこのリチウムイオンバッテリーも大いに注目されたし。

まずは、この日産の電気自動車の力源となる“高性能ラミネート型リチウムイオンバッテリー”をご紹介。こちらのバッテリーは日産とNECの共同開発によるものだ。

このリチウムイオンバッテリーの特徴は、鉛やニッケルと比べて高い電圧を発生させる為、高いパワーを引き出すことが可能。そして、リチウムを使用することで多くのエネルギー備蓄が可能となりバッテリーの大容量化が実現できたという2点が挙げられる。ちなみに鉛の電圧は2V(ボルト)、ニッケルは1.2V、リチウムは3Vというご覧の結果だ。

では、気になる安全面はどうなのか。日産はこれを作るにあたって安全性を導き出す為に3つの技術を採用している。1つ目は“冷却性能に優れたラミネート構造の採用”。2つ目は“結晶構造が安定したマンガン系の電極材の使用”。3つ目は“パック内のセルの充電状況を個別に管理すること”だ。これにより異常放電や発熱による温度上昇を抑制させたり、安定した出力を供給することができるのだという。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24