autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 日産 先進技術 試乗会レポート 2ページ目

イベントレポート 2008/8/20 14:05

日産 先進技術 試乗会レポート(2/6)

関連: 日産 Text: オートックワン 編集部
日産 先進技術 試乗会レポート

サイドコリジョンプリベンション/バックアップコリジョンプリベンション

日産 テストコース日産 セーフティー・シールド実験車両 フロント日産 セーフティ・シールドのイメージ日産 セーフティ・シールド実験車両

ぶつからないクルマ・・・。

そんな「ドラえもん」の道具のような都合の良いクルマなど、はたしてできるのか?と、半信半疑の気持ちを抱くのはきっと私だけではないはず。まぁ百聞は一見にしかずと、兎に角乗ってみろということで、早速“ぶつからない機能”をフーガに搭載したプロトタイプカーで体験することに。

では、どんな機能なのかというと、片側2車線の道路を走行中、隣車線の直ぐ後方(斜め後ろ)にクルマがいるという危ない状況で、レーンチェンジをしようとウィンカーを出しハンドルを切ると、表示と音でドライバーに警告を出すというシステム。

これは“サイドコリジョンプリベンション”というシステムで、世界に先駆け日産が初めて開発したスグレ機能。

仕組みは、各タイヤのブレーキを個々で制御することにより“ヨーモーメント”、つまり、車両の旋回力を逆側へ発生させ、隣のレーンにいるクルマに近づけないようにするというものだ。この技術は近い将来、既に日産の市販車に搭載済みの“ディスタンスコントロールアシスト”や、“レーンディパーチャープリベンションシステム”と連携作動し、車両全方位に対する運転支援システムを行おうという構想の下で、開発を進めているものだ。

内容や考え方は実に素晴らしい。しかし、実際運転してみた感触としては、正直違和感を覚えるといった印象。

クルマが接近している時にレーンチェンジしようとすると、確かにハンドルが勝手にヨーモーメント機能を働かせ、隣レーンへの進入を拒む反応を見せる。要は、自分の操作と違うことをクルマが“勝手に”と言うと語弊があるかもしれないが、危険を判断して回避してくれるのだから、ありがたい。だが、嫌ではないが、感触としては“気持ち悪い”というこのニュアンス、皆さんも解かっていただけるはず。

しかし、自動車運転たるもの様々な状況が考えられる為、ムリにハンドルを動かせば、レーンチェンジが出来てしまうことは一応はお伝えしておく。

もう一つ。こちらは、車両後部に設置したリアセンサーと、サイドセンサーにより、周囲の障害物を検地する“バックアップコリジョンプリベンションシステム”。仕組みは、駐車場をバックで出る際など、視界に隠れて見えない障害物や、接近してくるクルマや人を警報で知らせ、さらにブレーキ制御し、ドライバーの運転操作を支援してくれるシステムだ。

確かに、細い路地の出口やスーパー等の大きな駐車場では、こういった確認のし忘れによる出会い頭の衝突事故が多い。はたまた車体後方に子供がしゃがんでいることに気付かずバックして、ひいてしまうという痛ましい事故も多発していることを考えれば、このようなシステムはオプション装着ではなく、初めから装着してあってしかり。

しかし、基本はこういったセーフティシステムに頼るのではなく、自分自身の目、耳で確認作業をしっかりと行った安全運転を心掛けていきたいものである。日産側の目的は自動運転システムではなく、ドライバーの補助を行うシステムを今後も開発していくという。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23